円高と円安ってどんな時?円高円安を理解してからFXを始めよう

FXの基礎知識 2018/9/5 117view
円高と円安ってどんな時?円高円安を理解してからFXを始めよう

円の価値が高ければ「円高」と言い、円の価値が低ければ「円安」と言う(円と外貨の二通貨を比較した場合)。FX取引では「円高・円安」どちらからスタートしても利益が狙える。ただし為替差益の成功率は半々であり、動向を見ながら取引する必要がある。

FX取引を始める上で、必ず覚えておきたいのが「円高と円安の仕組み」です。本記事では『円高・円安とはどのような状態なのか』詳しく解説するとともに、円高・円安時に注意すべき「取引のタイミング」について説明しましょう。

円高・円安とは?

円高・円安を簡単に説明すると、他国の通貨と比較した際(例:ドル/円など)円の価値が高ければ「円高」と言い、円の価値が低ければ「円安」と言います。

これはドルに限らず、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、スイスフラン/円など、さまざまな「二カ国間」の通貨ペア(通称:クロス円)を通して、円の価値が高いか・安いかで「円高・円安」が判断できます。

次項では、より具体的に「円高・円安」の仕組みを説明しましょう。

ドル/円を例に「円高・円安」の仕組みを知ろう

円高円安と日本円例えば、アメリカではドル、ヨーロッパではユーロ、香港では香港ドルといったように、国毎にさまざまな通貨が存在します。

本項では「ドル/円」を例に、円高・円安の仕組みを見ていきましょう。

ドル/円で学ぶ円高・円安の仕組み

私たちにとって、最も身近な通貨といえば「ドル/円」ではないでしょうか? 空港の両替所や街中の外貨交換所に行くと、各国の「為替レート」が書かれています。

為替レートは常に変動しており、渡航をするタイミングでは、円高でトクをしたり、円安で損をすることがあります。ちなみに2018年2月11日の時点では「ドル/円」のレートは、108.8円前後で推移しています。

これが過去にさかのぼると、どのくらいレートが変わるのか見てみましょう。例えば、2016年2月11日にはいくらだったのか調べてみると「1ドル=113.2円」という記録が残っていました(※小数点二桁以降は切り捨て)

  • 2016年2月11日の為替レート・・・1ドル113.2円
  • 2018年2月11日の為替レート・・・1ドル108.8円

ここで、手元に「10,000円」があったとします。2016年2月11日の為替レートでは「10,000円=88.3ドル」しか交換できません。

しかし、2018年2月11日の為替レートでは「10,000円=91.1ドル」も交換できます。同じ1万円でも「2.8ドル」多くもらえる計算です。

  • 1ドル113.2円の場合 ⇒ 10,000円で88.3ドル分両替できる
  • 1ドル108.8円の場合 ⇒ 10,000円で91.1ドル分両替できる

2018年の方が、2.8ドル多く受け取れる(円高ドル安)ことが分かります。この状況を見ると、2016年2月11日の状態に比べて、2018年2月11日は円の価値が高くなっているので「二年前に比べて、円高/ドル安になった」と説明できます。

これは長期的レート(二年間)での説明でしたが、為替レートは日々変動しており、短期的に見ても「円高・円安」の状態が把握できます。

例えば、2018年2月08日の「ドル/円」と、2018年2月09日の「ドル/円」の関係をチェックしてみると、2月08日は1ドル=109.38円だったのに対し、2月9日には1ドル=108.88円に変動しており、1日で「約0.5銭」円高ドル安に推移したことが分かります。

FXでは「円高・円安」どちらでも利益が狙える!

為替イメージ前項では「日本円から外貨に交換する」ことを想定し、円高・円安の仕組みを説明しました。実はFXにおいては「円高・円安」どちらからスタートしても、利益を上げることができます。

外貨預金や株式の場合は『安い時に買い、高値で売る』のが鉄則ですが、FXの場合は「売り」からでも「買い」からでもスタートできるので、今後の価格が上がると思えば買い、下がると思えば売るといった取引が可能です。

例えば、現在のドル/円が「1ドル=100円」だとします。今後1ドルが101円になると思ったので「持っている円」を売って、ドルを「100万円分」買うことにしました。予想通りドル101円に上がれば、日本円で1万円の差益(利益)が得られる計算です。

チェックポイント

今後100円より高くなると思ったら

1ドル100円の時に10,000ドルを購入(日本円で100万円)
1ドルが101円になると、10,000ドル=101万円
円安ドル高で1万円の利益

反対に、今後1ドルが99円に下がると思ったので「持っているドル」10,000ドル分を売ることにしました。その後、予想通り1ドルが99円になったとしたら「100ドル」分の差益が受け取れる計算です。

チェックポイント

今後100円より安くなると思ったら

10,000ドルを売って、日本円で100万円分に換える
1ドルが99円になると、100万円=9,900ドル
円高ドル安で100ドルの利益

このようにFXでは、円高・円安に関係無く「今後どのように価値が推移するのか」を予測して「為替差益」が狙えます。

チェックポイント

FXは、スワップポイントでも利益が狙える

FXでは「円高・円安」の為替差益以外にも、スワップポイントにて、利益が狙えます。スワップポイントとは、二通貨間の金利差から得られる利益のことです。なおスワップポイントの仕組みについては、以下の記事を参考にしてください。

円高と円安相場で為替差益を狙う際の注意点!

ここまで、今後の「円高・円安」を予測し、為替差益を狙う方法について説明しましたが、FXで為替差益を狙う場合「損失の出る」可能性は50:50です。

為替差益で利益を得る方もいますが、為替の変動次第では、損失が出る可能性もあります。失敗をしないためには「最新の情報」や相場の動向を見ながら、冷静にトレードを行うようにしてください。

まとめ|FXなら「円高・円安」に関係無く利益が狙える!

最後にFXにおける「円高・円安」の仕組みと、為替で利益(差益)を出す方法についてまとめておきます。

FXにおける「円高・円安」の仕組み
☑ 円の価値が高くなれば「円高」
☑ 円の価値が低くなれば「円安」
☑ FXでは「円高・円安」どちらでも利益が狙える
☑ 為替差益の成功率は50:50、動向を見ながら冷静に取引すべし

FXの醍醐味は「円高・円安」どちらの状況から始めても、利益が狙える点にあります。これは外貨預金や両替には無い、大きなメリットです。みなさんも、今後の「円高・円安」傾向をつかんでから、FX取引を始めてみてください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング ブログズーム
ブログランキング ブログズーム
リンクリックブログランキング
リンクリックブログランキング