初心者がFXを始める際に注意したほうがいいこと

FXの基礎知識 2019/1/7 220view
初心者がFXを始める際に注意したほうがいいこと

FX初心者が取引で失敗しないためには、レバレッジの倍率を2〜3倍に設定し、手法にこだわらず自分に合ったトレード法を実践すること。余裕資金から少額トレードの経験を積むこと。ロスカットが起こらないようマージンコールの設定は高めにすること。海外業者ではなく「国内FX業者を利用する」などの注意点があります。

FXを始める際には、レバレッジの倍率を掛けすぎないことや、リスク管理を怠らないなど「注意すべきポイント」があります。本記事では、初心者がFXを始める際に注意したほうがいいことを分かりやすくまとめてみました。

FX初心者が陥りやすいミスについて

「FX=危険」というイメージを持つ人がいます。しかしFXは「正しくトレード」を行えば安全かつ、コツコツ利益を狙える「賢い投資の方法」です。

それでは、なぜ「危険なイメージ」が持たれているのでしょうか…? 

それは、初心者が陥りやすいミスを知らないまま、FX取引を始めたからに過ぎません。以下に「FX初心者が陥りがちなミス」について、まとめてみました。

FX初心者が陥りがちなミス

  1. レバレッジの倍率を高く設定してしまう
  2. リスクの高い取引を行う(時間外、一点張りなど)
  3. 初心者のうちから高額なトレードで挑んでしまう
  4. 生活費を使ってFX取引をしている
  5. ロスカットレベルを低く設定している

各項目について、順に解説しましょう。

レバレッジの倍率を高く設定してしまう

FXの初心者は「少しでも元手を少なく、取引を始めたい」と考えるものです。もちろんFXの醍醐味は、少ない元手でも「レバレッジに応じた大きな取引ができる」点にあります。

しかし、レバレッジの設定が高すぎると、損失を抱えた時には「大きな火傷」を負うことになります。なぜなら、レバレッジの分だけ損失額も大きくなるからです。

「FX=危険」というイメージは、レバレッジの誤設定が原因で生まれたのでしょう。

リスクの高い取引を行う(時間外、一点張りなど)

リスクの高い取引とは、取引を週末に持ち越したり、一点張りトレードを行うことを指します。例えば、取引を週末に持ち越してしまうと「土日トレードができない」ため、為替の相場によっては、大きな損失が発生します。

一点張りトレードとは、同じ通貨ペアにだけ大量に資金を投じることを意味します。もちろん、一点張りでも少額であれば(多少為替の変動があっても)問題無く取引が行えるでしょう。しかし高額な資金を投じてトレードを行うと、外れた時の損失が大きくなります。

このため初心者のうちは、取引が週末を持ち越さないようにすること(⇒デイトレードでも良し)。また一点張りなど、リスクの大きな取引は避けるようにしてください。

初心者のうちから高額なトレードで挑んでしまう

前項でも少し取り上げましたが、初心者のうちから「高額なトレード」に挑むのは無謀な行為です。ある程度「トレードの勘」を掴んでいれば話は別ですが、FXの仕組みも分からないまま、高額な資金を投じるのは「損失の発生リスク」が大き過ぎます。

FXはギャンブルではありません。今後の動きを予測し、どのようにポジションを持つのか緻密に計算し、トレードを行う投資法です。このため、資金を湯水のごとく(ギャンブルのように)使うのでは無く、証拠金維持率を確認しながら、余裕を持って取引をする必要があります。

また初心者のうちは、少額のトレードで経験を積み「ローリスク・ローリターン」で安全な取引を心掛けてください。いきなり、難易度が高い「ハイリスク・ハイリターン」の投資を行うのは無謀な行為です。

生活費を使ってFX取引をしている

投資に「生活費」を使うのは、絶対に止めてください。生活費を掛けてしまうと、冷静な取引ができないのはもちろん、損失を抱えた時には「生活が成り立たなく」なります。こうしたリスクを避けるため、投資には「余裕資金」を使うようにしてください。

ロスカットレベルを低く設定している

ロスカットレベルが低過ぎると、為替の変動により「大きな損失」を抱える可能性があります。ロスカットレベルは「証拠維持率の20%~30%」に設定する業者もありますが(ロスカットレベルが)低過ぎると資金不足に陥る危険性が高く、ロスカット(=強制決済)される確率も高くなります。

もし、ロスカットレベルが「自分で設定できる」場合は、証拠金維持率を高めに設定しましょう。50%~100%以上に設定しておけば、証拠金がマイナスになる危険は無くなります。また、ロスカットが行われる前段階のアラート(=マージンコール)の発動レベルも高めに設定しておけば、より高い確率でロスカットが防げるので参考にしてください。

初心者がFXを始める際に注意したほうがいいこと

FX初心者の方は、以下の点に注意してトレードを行ってください。

初心者がFXを始める際に注意したほうがいいこと

  1. レバレッジの倍率を2~3倍にする
  2. 手法にこだわらず、自分にあったトレード法を確立する
  3. 初心者のうちは、少額トレードを行う
  4. 生活費以外の「余裕金」からトレードを行う
  5. マージンコールを高めに設定する

レバレッジの倍率を2~3倍にする

レバレッジを高めに設定すると、利益が出た時には大きなリターンが得られます。その反面、損失が出た時にはレバレッジの分だけ大きな損失が発生します。

このため初心者のうちは、レバレッジの倍率を2~3倍に設定しておき、リスクの少ないトレードを心掛けてください。

手法にこだわらず自分にあったトレード法を確立する

「FXで成功する方法」として、各メディアではさまざまなトレード法、テクニックを紹介しています。しかし専門家の意見を参考にしても「トレードで負ける時」には誰でも負けてしまいます…。

FXに限らず、株取引、国際分散投資など、どんなジャンルの投資にも「絶対勝てる方法」はありません。このため、投資で結果を出すには「リスクの許容範囲」を決めてから、損失を最小限に抑え「利益を残すこと」が重要になります。

みなさんも、まずは「FXの基礎知識」を確認し、損失を少なくする方法についてマスターしましょう。また少額トレードを通じ「自分に合ったトレード法」を確立するのも(FXで勝つためには)必要な流れとなります。

初心者のうちは少額トレードを行う

前項2でも説明しましたが、FXトレードを始めたばかりの方は、少額トレードでコツコツ「自分の取引」を経験してみましょう。もちろんシミュレーションツールを使って練習しても良いのですが、実際に資金を投じることで、より緊張感のある取引が行えます。

生活費以外の「余裕金」からトレードを行う

FXだけでなく投資を行う際には、生活費以外の「余裕金」で取引を行ってください。またFX会社に預け入れる「証拠金」についても余裕を持たせる様にしてください。

例えば、取引ができるギリギリの金額でトレードするのではなく、証拠金維持率が1,000%を下回らないようにすれば強制決済(=ロスカット)のリスクは少なくなります。実際にベテラントレーダーでも証拠金維持率は700%を下回らないようにしていると言います。

FX初心者の方は、常に「安全圏内」でトレードを行ってください。

マージンコールを高めに設定する

既に、安全に取引を進めるため「ロスカットレベルは高めに設定したい」との説明をしました。このほかにも、ロスカット前の「アラート」として機能するマージンコールは高めに設定しておきましょう。マージンコールが、一定の証拠金維持率を下回ると「まもなくロスカットの危険性あり」とメールなどで知らせてくれます。ただし、マージンコールが発動される条件は、利用するFX業者によって異なります。

多くの場合「証拠金維持率100%を下回ると発動」としていますが、60%~70%に設定するところや、証拠金維持率が150%~200%を下回ると発動されるところ(=FX業者)もあります。安全に取引をするためには、マージンコール水準が(証拠金維持率の)100%以上を超えるような業者を選ぶと良いでしょう。

仮に「証拠金維持率が60%~70%」になってからマージンコールが発動されても、ロストカット率に到達するまでの時間がなく、のんびりしていると「気が付かない間にロスカットされていた…!」という最悪のシナリオも想定されます。

こうした事態に陥らないよう、ロスカットレベルとマージンコールの水準は高めに設定(または水準が高い業者を選ぶように)しておいてください。

海外FX業者は危険、国内FX業者を利用しよう!

ここまで紹介した方法以外にも、FXを始めるときには「国内のFX業者」を利用するようにしましょう。なぜなら、海外のFX業者は(一部)レバレッジを無制限にまで開放しており、会社が破綻した場合の補償内容も曖昧な所がおおいからです。

もちろん海外FX業者の中にも、レバレッジを制限しているところや、信託保全を実施しているところもありますが、国内とは補償の内容が異なるので、FX初心者にはおすすめしません。

これからFXを始める方は、必ず国内FX業者で口座開設を行ってください。また国内業者についてもスプレッドの小さな業者、取引のルールが明確な業者を選ぶようにしてください。

まとめ|ルールを守れば「誰でも安全に」FX取引ができる!

最後に、本記事の内容をまとめておきます。

FX初心者が注意したほうがいいこと
☑ レバレッジは適正な数値にする(2倍~3倍)
☑ 時間外取引や一点張りなど、リスクの高い取引は避けよう
☑ はじめは少額トレードで、経験を積んでいこう
☑ 生活費以外の、余裕金で取引しよう
☑ マージンコールは高めに設定すること
☑ 国内のFX業者で口座開設しよう

このようにFXは、いくつかのポイントさえ抑えておけば、誰でも安全に取引できる投資法です。口座開設前に、ぜひチェックしておいてください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング ブログズーム
ブログランキング ブログズーム
リンクリックブログランキング
リンクリックブログランキング