初心者は少額FXで取り引きの実践練習を始めよう

FX初心者指南 2018/10/30 385view
初心者は少額FXで取り引きの実践練習を始めよう

FXは少額トレードがおすすめ。少額トレードであればFX初心者でも安全・安心してトレードできる。一部FX業者・証券会社は1〜1,000単位でも為替の取引ができる。少額トレードは為替の急激な変動にも「低リスク」で備えられるほか、小遣いの範囲で利益が狙える。

FX(外国為替証拠金取引)の初心者には、少額での取引がおすすめです。

少額であれば誰もが「お小遣いの範囲内」でトレードできます。また、損失が出た時にもリスクを回避し、安全に取引できるのでオススメです。本記事では少額取引で「実践練習」を始めるメリットについて紹介します。

FX初心者は少額トレードから始めるべき

FX初心者は、少額トレードでコツコツ利益を狙っていきましょう。余裕がある方は、軍資金に何十万円も用意すると言いますが、いきなり大きな資金を投じるのは、経済的負担も大きいですし(何より)投資でのリスクが大き過ぎます。

多くのトレーダーを見ていて分かることですが、初心者のうちは(最大でも」10万円程の資金があれば十分です。また、取引をする通貨量が1,000単位であれば「4万円~5万円」の資金で、ある程度余裕のあるトレードが行えます。

FXの少額トレードをオススメする理由は3つ!

FXの少額トレードを「オススメする理由」は3つあります。

  1. 為替の急激な変動にも「低リスク」で備えられる
  2. 1、100、1,000通貨でもトレードできる
  3. 小遣いの範囲で気軽にトレードできる

1~3の「オススメ理由」を順に見ていきましょう。

為替の急激な変動にも「低リスク」で備えられる

例えば、今日のドルが100円だったとしましょう。次の日の朝、起きてみると「1ドル=98円」にまで為替が変動していました。みなさんの購入したドルの通貨量が10,000単位だったら…それだけで【2円の変動 × 10,000通貨=−20,000円】と、2万円分の損失が確定してしまいます。

しかし、一部FX業者や証券会社では「1,000単位」でもトレードできます。少額トレードができるので、為替の変動が大きくなっても、損失額が少なく済むのです。予想が的中すれば、数円の変動で「数万円レベル」の利益が得られます。しかし、マイナスになった時も同様に、数万円レベルで資金を失うのです。

また(本記事の後半でも詳しく説明しますが)仮想通貨や他の投機とは違い、為替の変動幅には一定のパターンがあり、一夜にして数十円~百円も変動することはありません。このためリスクは少なく、損益の幅も最小レベルで抑えられるので安心です。

1、100、1,000通貨でもトレードできる

FXの取引単位は「原則10,000通過」となっていますが、幸いなことに、すべてのトレードが「10,000通貨」固定ではありません。

FX(外国為替証拠金取引)を扱う業者の中には、1,000通貨はもちろん、100通貨、最小1通貨から取引できるところもあります。こうした「少額トレード」に対応した業者を選べば、初心者でもハードルは低く、気軽にトレードが行えます。

小遣いの範囲で気軽にトレードできる

(項目1と2でも説明した通り)FXのメリットは「少ない資金」でもトレードできる点にあります。例えば、株式取引や国債、投資信託、不動産投資、仮想通貨などの運用には、ある程度まとまった軍資金が必要になります(数万円~数十万レベル)。

これに対し、FXは「レバレッジ」を掛けることができ、少額でも大きな取引が行えます。例えば、100,000円の証拠金が必要な場合でも、5倍のレバレッジを掛ければ、必要な軍資金は「20,000円」で済みます。同様に2倍~最大25倍のレバレッジ※を掛ければ、準備する資金は少なく、大きな資金が動かせます。

※国内では最大25倍まで、レバレッジを掛けることが認められています(2018年5月13日の時点)。

もちろん、レバレッジの倍率や売買をする通貨量をコントロールする工夫が必要ですが、ある程度「基礎知識」を抑えておけば、1,000円~10,000円以内の範囲でもトレードが行えます。これなら、お勤めの方だけでなく、学生や主婦でも気軽にFX(外国為替証拠金取引)が始められますね!

FXは少額トレードでき、仮想通貨よりも「安全性」が高いので安心

チャート分析ここ数年ブームとなっている「仮想通貨」ですが、安全なトレードを望むのであれば、仮想通貨よりもFX(外国為替証拠金取引)の方がオススメできます。

実は、仮想通貨でも「レバレッジ」を掛けて取引が行えるのをご存じでしょうか?FX同様(仮想通貨も)少ない資金で大きな取引が行えます。ただし、安全性の面では断然、FXの方が優れています。

2017年頃は「仮想通貨元年」とも呼ばれ、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの銘柄に人気が集まっています。ただ、仮想通貨は値動きが安定しておらず、常に暴騰と暴落を繰り返すような状況から、投資初心者にはオススメできない投機(=ギャンブル性が高い)となっています。

これに対し、FXでは「各国の通貨を売買」する訳ですが、各国の通貨が急激な暴騰や暴落をするのは稀なことです。例えば、どこかの国で戦争や紛争、テロが起こったとしても、通貨レートが100円以上変動することはありません。

また、仮想通貨で損失を抱えた方や資産をマイナスにしたトレーダーは「FXの方が安全に取引できる」と考え、資金運用の場を仮想通貨からFXへと転換しています。

ここで「両者の違いを比較」するため、仮想通貨と外国為替証拠金取引のチャート(値動き)を見てみましょう。

外国為替市場、ドル円の最新チャート

下の画像は、ドル/円(2018年5月13日調べ)のチャートを「月単位」で示したものです。日々レートは変動していますが、101円~105円の範囲でしか「為替の変動」は見られません(下の画像を参照)。

ドル円チャート画像出典元:みんかぶFX

仮想通貨(ビットコイン)の最新チャート

次に、仮想通貨のチャートを見てみましょう(下の画像参照)。仮想通貨は常に、価格変動が激しく価格が安定していません。

ここでも「月単位」のチャートを示しているのですが(ビットコインは)2017年に8万円台(=最安値)だったにもかかわらず、2017年には最高値221万円を記録するなど「投機性の高さ」が指摘されています。

ビットコインチャート bitFlyer画像出典元:bitFlyer

投機性が高いということは、一攫千金が狙えるのですが、長期的に「安定して運用する」のには向いていません。

Bitcoin(ビットコイン)以外の仮想通貨についても、ジェットコースターのように暴落の危険性が高く、値動きが読めない投資の方法としておすすめできません。

FXは初心者でも取り組みやすい投資の方法

投資は「資本に投じる」ことを指し、投機は「機会に投じる」方法を指しますが、FXが安全な「投資」に分類されるのに対し、仮想通貨はギャンブル性が高い「投機」に分類されます。

さまざまな投資法がありますが、安全に取引をするのなら、FX(外国為替証拠金取引)に取り組むのがベストです。もちろん、外貨預金や国債など「ローリスク」の方法もありますが、ある程度のリターンが見込める上に、安全性の高い取引ができるのは、FX(外国為替証拠金取引)のメリットです。

FXは少額トレードでき、投資のリターン+安全性の面に優れた「バランスの良い」投資法

また、FX(外国為替証拠金取引)であれば、マーケットレポートや経済指標などを参考にすることで、今後の値動きが予測できます。このため他の投資で失敗した方にも、FXでの少額トレードがおすすめできます。

FXには信託保全があるので安心!

FXには信託保全制度があり、高い安全性が保たれています。信託保全があれば、預入をした資金は(各FX業者、証券会社の)固定資産とは区分して、別の金融機関にて保全される仕組みです。

このため、仮想通貨で起こった「資産を失う」ような事件(NEMの流出など)に巻き込まれる心配も無く、安全に取引が行えます。ただし、信託保全で安全に取引を行うには、国内のFX業者・証券会社を利用することです。海外FX業者の場合「信託保全」や保証が受けられ無いことが多く、常に危険が伴います。

安全にトレードを行うためには、本サイトで紹介している国内FX業者や証券会社、トレーダーの間で口コミ評価が高い業者を利用してください。

FXはデモトレードより少額取引がオススメ

初心者は「デモトレード」を重視しがちですが、残念ながら、デモトレードで得られるのは「FXツールの操作方法」だけです。

チェックポイント

デモトレードとは?

FX(外国為替証拠金取引)の取引がシミュレーションできる、PC・スマホ向けのツール。本番さながらの取引が体験できる上に、お金が掛からないので、FXの練習ツールとして人気が高い。

各FX業者・証券会社が、便利な「デモトレードツール」を提供していますが、デモトレードで訓練を重ねても(ツールの操作方法はマスターできるものの)投資の才能が伸びる訳ではありません。

「FXで結果を出したい!」という場合には、実際にお金を使い(実践である)トレードを行う方が良いでしょう。実際に短期間で結果を出しているトレーダーは、早い段階でデモトレードを止め、実践でFXの仕組みをマスターしています。みなさんもデモトレードである程度「操作の仕方」をマスターしたら、少額トレードで「実際のFX取引」を体験してみてください。

それでも「お金を使うのは緊張する…」という方には、複数のFX口座を開設し、リスク分散させる方法をオススメします。複数の口座を同時開設しておけば、一社で損失が出た場合もリスク分散させ、安全に取引が行えます。

なお、複数のFX口座を開設するメリットについては、以下の記事を参照してください。

FXは最小いくらから取引できる?

300(ここまで何度も説明しましたが)FXは最小「1,000円以下」の軍資金でも取引できます。

もちろん、証拠金維持率なども関係してくるため、ある程度安定した取引には(1,000単位で取引する場合)4~5万円の軍資金があればOKです。

初回入金の平均額を調べると、多くのトレーダーは「10万円前後」を入金しているのですが、FXの軍資金は多ければ良いという訳ではありません。

軍資金が多すぎても「FX初心者」にはリスクが大きいため、5万円以上、多くとも「10万円程度」の資金があれば安全にトレードできます。

FX(外国為替証拠金取引)には一定の証拠金が必要

ここまで説明した通り、FXでは「最小の資金」でトレードできます。ただし、取引をする通貨ペアや通貨量によって「いくら証拠金が必要なのか」先に計算し、軍事金を準備する必要があります。

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」と言いますが、一定の資金を「証拠金」として預入する必要があります。

各FX業者・証券会社が定めた証拠金維持率を下回った場合、強制決済(=ロスカット)が行われるので注意が必要です。なお、必要な証拠金や証拠金維持率については、以下の記事を参照してください。

FX口座開設申込から少額トレード開始までの流れ

FXの少額トレードを始めるには、まず始めに「少額トレードできる」FX業者や証券会社を探す必要があります。ここでは、少額トレードを始めるまでの「手順」をまとめておきます。

口座申込からトレード開始するまでの手順

  1. 業者探し:少額トレードができるFX業者・証券会社を探す
  2. 口座申込:口座開設の申込
  3. 口座開設審査:FXの口座開設審査
  4. 口座開設完了:FX口座開設の完了
  5. トレード開始:初回入金(証拠金)後、トレード開始

STEP1~STEP5の流れを、順に見ていきましょう。

STEP1: 業者探し

まず、少額トレードをするには「少額トレードできる業者」を探してください。多くの業者は原則「10,000通貨」を1単位として取引を行っていますが、一部業者では、1、100、1000単位でもFX取引が行えます。

以下に「少額トレード」に対応した、大手FX業者と証券会社をまとめてみました。

  • SBI FXトレード
  • マネーパートナーズ
  • YJFX!(ワイジェイFX)
  • デューカスコピー・ジャパン
  • ヒロセ通商(LION FX)
  • 外為どっとコム
  • セントラル短資FX
  • FXプライム
  • FXトレード・フィナンシャル
  • サクソバンク証券
  • FOREREX EXCHANGE
  • インヴァスト証券(シストレ24)
  • インヴァスト証券(トライオートFX)
  • アイネット証券
  • ひまわり証券
  • 岡三オンライン証券
  • マネックス証券
  • トレイダーズ証券(みんなのFX)
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

この中でも、マネーパートナーズは100通貨、SBI FXトレードは1単位から取引が行えます。

STEP2: 口座申込

STEP1で、これから利用するFX業者・証券会社が決まったら「FX口座の開設」申込をしましょう。口座開設の申込は、オンライン上(PCまたはスマートフォン)での手続きが速く、最短5分で申込が完了します。

STEP3: 口座開設審査

STEP2の申込が済んだ後、口座開設審査が実施されます。

STEP4: 口座開設完了

STEP3の審査を無事通過すれば、口座開設が完了します。なお、STEP2の開設申込から「最短2~3営業日」で口座開設できるのですが、口座開設後には必要証拠金など「初回入金」が必要です。

入金額は「取引をする通貨ペア」と、トレードをする通貨量によって変わるのですが、スムーズに取引できるよう、各FX業者・証券会社が提携している金融機関(=銀行)でネットバンキング口座を開設しておくと良いでしょう。

STEP5: トレード開始

さて口座を開設し、初回入金が済んだらいよいよトレードの開始です。FX初心者のみなさんは、少額トレードで「資金を失わない」よう、適正なレバレッジと取引量を設定し、コツコツ利益を狙っていきましょう。

なお「口座開設から取引開始」までの手順については、以下の記事でも詳しく紹介しています。FXを始める前に「何が必要なのか」確認するのはもちろん、取引上の注意点についても、忘れずチェックしておきましょう。

FXで少額トレードする際の注意点

少額トレードは稼げないという声や「もっと高額な資金を投じた方が良い」という意見もありますが、初心者がいきなり「大きな資金を投じる」のは危険です。

幸いなことに、FXには「レバレッジ」という仕組みがあります。レバレッジを掛ければ(現行25倍までOK)手持ちの資金が少なくとも、大きくな資金が動かせます。このため、軍資金が少なくとも「少額トレード」からスタートできます。

外為ジャパンFX レバレッジ説明図画像出典元:外為ジャパンFX

ただし、レバレッジのかけ過ぎには注意が必要です。レバレッジを掛ければ(軍資金や必要証拠金は少なく済みますが)損失が出た時には「被るリスク」も大きくなります。

なお、レバレッジのコントロール方法については、以下の記事を参考にしてください。

まとめ|FX初心者は少額トレードを今スグ始めよう

最後に「FX初心者に、少額トレードをオススメする理由」について、本記事の内容をまとめておきます。

FX初心者に「少額トレード」をオススメする理由
☑ FXはレバレッジが掛けられるので、少ない資金で参加できる
☑ 少額でトレードする方が、失敗をした時のリスクが少ない
☑ 少額トレードは、為替の急激な変動にも「低リスク」で備えられる
☑ 少額トレードできる業者なら、1,000通貨でもトレードできる
☑ FXなら1,000円~10,000円と小遣いの範囲で気軽にトレードできる
☑ 信託保全があるなど、他の投資法よりも安全にトレードできる!

このように、FXには少額トレードできる業者があり、FX初心者の方でも安全・気軽にトレードが始められます。これなら、小遣いの範囲でコツコツ「資産を増やしたい」という方にもオススメできますね!

「安全な投資の方法」をお探しの方も、ぜひ参考にしてください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング ブログズーム
ブログランキング ブログズーム
リンクリックブログランキング
リンクリックブログランキング