FX初心者におすすめの通貨はドル円?本当に勝ちやすいの?

FX初心者指南 2019/7/4 444view
FX初心者におすすめの通貨はドル円?本当に勝ちやすいの?

FX初心者が勝ちやすいのは「ドル円」の通貨ペア!米ドルは基軸通貨(キーカレンシー)であり、流動性が高いハードカレンシーなのでリスクが少なく取引できる。ドル、円、ユーロ、ポンドなど流動性リスクの少ない通貨ペアを選択すれば安心。スワップ金利に目がくらむと流動性リスクが高くなる。マイナーな通貨ペアに手を出すのもFXで負けやすいのでNG!

FXの『通貨ペア』には勝ちやすいものと、負けやすい組み合わせがあります。既にご存じの方も多いですが、FX初心者におすすめの通貨ペアは、やはり「ドル/円」のペアです。

本記事では、本当に「ドル円」で勝てるのか検証したいと思います。

FXの通貨ペアについて「おさらい」

まず「ドル円で勝てるかどうか」検証する前に『通貨ペアとは何か?』おさらいしたいと思います。通貨ペアの仕組みを知れば、なぜ「ドル円が勝てるのか」理解しやすくなります。

FXの通貨ペアは、二種類の通貨を組み合わせたもの

通貨ペアとは「二種類の通貨を組み合わせたもの」を指します。

例えば、ドルと円の二種類を組み合わせると「ドル円」の通貨ペアと言います。他国の通貨でも同じです。ユーロと円の組み合わせは「ユーロ円」と言い、英ポンドと日本円の組み合わせは「ポンド円」の通貨ペアと呼んでいます。

なお通貨ペアには「主軸通貨」と「決済通貨」の二種類があります。ドル円で取引する場合「主軸通貨のドル」を「決済通貨の円」で購入する仕組みです。

チェックポイント

ドル円(USD/JPY)を購入する場合

USD ドル(主軸通貨)をJPY 日本円(決済通貨)で購入する

外国為替市場では、通貨や通貨ペアの表記方法が決まっています。ここで、FXで使う通貨ペアについて見てみましょう。

FXで使う通貨ペアの表記方法(一例)

ドル/日本円 USD/JP
ユーロ/日本円 EUR/JPY
英ポンド/日本円 GBP/JPY
オーストラリアドル/日本円 AUD/JPY
ニュージーランドドル/日本円 NZ/JPY
トルコリラ/日本円 TRY/JPY
南アフリカ/日本円 ZAR/JPY
ユーロ/米ドル EUR/USD
英ポンド/米ドル GBP/USD
米ドル/スイスフラン USD/CHF
米ドル/カナダドル USD/CAD

いかがでしょうか。通貨ペアの表記方法は「世界基準」で決められています。このため、通貨ペアの「表記順」についても、主軸通貨が先、続いて流通量が多い(例:国際決済通貨など)通貨の順に(通貨名が)表記されます。

ドルストレートとクロス円の違い

前項で、代表的な「通貨ペア」を紹介しました。この中で、基軸通貨のドルが絡む通貨ペアをドルストレート(通称:ドルスト)と言います。また、円が絡む通貨ペアのことをクロス円と呼んでいます。

クロス円の仕組み(基軸通貨のドルを挟んだ取引)

私たちに最も馴染みがある「日本円」ですが、ドル以外の通貨とペアを組んだ場合、なぜ「クロス円」というのかご存じでしょうか?実は「クロス円」は、日本円と他国通貨の間に「基軸通貨のドル」を挟んで取引が行われるため「クロス円」と呼ばれています。

チェックポイント

英ポンド(GBP)と日本円(JPY)で取引をする場合

日本円(JPY) ⇔ 米ドル(USD) ⇔ 英ポンド(GBP)

英ポンドと円の通貨ペア(GBP/JPY)を取引した場合、英ポンドと日本円は直接取引が行われていません。このため、二つの通貨を橋渡しする通貨として「米ドル」が使用されています。クロス円は「2つの通貨ペア」ではなく「3つの通貨」を介して取引が行われるため「予測が立てにくい」というデメリットがあります。

例えば「ポンド円」の取引をする際、「ポンド/ドル」の動きだけでなく「ドル/円」の動きをも(合わせて)予測する必要があります。ポンド/ドルの組み合わせで「ポンドが下落」した場合は、ポンド/円もそのまま下落します。同じくポンド/ドルで「ポンドが上昇」した場合には、ポンド/円もそのまま上昇するので(値動きの)予測は立てやすいです。

その一方、ポンド/ドルで「ドルが買われ、ポンドの価格が下落(ポンド円が下がる要素)」したにも関わらず、ドル/円の方では「ドルが買われて円が下落(ポンド円が上がる要素)」した時には、二つの通貨ペアが逆の方向に動いていくので予測が立てにくくなります。このように真逆の方向に動いた時には(相場を見なければ)何が起こるか分からないという、複雑な状況になります。

FXで勝ちやすいのは「ドル円」の通貨ペア!

前項でも述べた通り「クロス円」は初心者には「分析が難しい」といった特徴があります。これに対し「ドル円」はドルストレートなので、初心者でも「値動きの分析がしやすく」勝ちやすいといったメリットがあります。

FXでは負けやすい「特殊な通貨ペア」に手を出さないこと

FXでは「スワップポイント」でも利益を狙うことができます。スワップポイントは外貨預金よりも手数料が安く「資産運用をするのにピッタリな方法」として、投資家の間で人気があります。

ただ「金利が高い通貨」を狙い、マイナーな通貨ペアに手を出すのはオススメしません。なぜなら、マイナーな通貨に手を出すと「クロス円」ペアとなるので値動きが予測しにくくなります。また「知らない国の通貨」は値動きの分析がしにくいため、初心者向きではありません。

FX取引で不利になる「流動性リスク」

このほかFXのリスクに「流動性リスク」と呼ばれるものがあります。流動性リスクとは、需要の少ない通貨を取引しようとしても、売買したい時に「取引が成立しない」ことを指します。売買したいときに、注文できないというのは「損失」が出やすくなります。

反対に、流動性リスクが少ないのは、ドルやユーロ、日本円、ポンドなど先進国の通貨です。先進国の通貨は取引量が多いため、流動性リスクに左右されません。それでも、リーマンショック時のように大きな値動きを伴う相場急変時には、売りと買いのスプレッドが極端に開くことがあります。

意外かもしれませんが、日本でも人気の高い「オーストラリアドル」は、流動性が低いのをご存じでしょうか。オーストラリアドルは(マイナーとされる)北欧の通貨よりも流動性が低く、国際的に通貨量が大きな「ハードカレンシー」に分類されていません。

ここでハードカレンシー(=流動性が高い)通貨をまとめておきます。

ハードカレンシー通貨

  • 米ドル
  • ユーロ
  • イギリスポンド
  • 日本円

ハードカレンシーに対して、ローカルカレンシー(またはソフトカレンシー)という言葉があります。ローカルカレンシーは「現地通貨」という意味を持ち、ハードカレンシー以外の「流動性が低い」通貨を指します。

※ このほか、国際決済通貨の「スイスフラン」をハードカレンシーに含める考えもあります。

米ドルは世界の基軸通貨(キーカレンシー)として取引されている

なお、米ドルはハードカレンシー(流動性が高い)でもあり「キーカレンシー」と呼ばれることがあります。キーカレンシーとは「基軸通貨」のことで、世界の決済基準となる通貨のことです。古くは英ポンドが世界の基軸通貨(キーカレンシー)として流通していましたが、現在のキーカレンシーは「米ドル」となっています。

米ドルは「基軸通貨」で流動性が高いので勝ちやすい

ここまで説明した通り、米ドルはキーカレンシー(基軸通貨)であり、流動性の高い「ハードカレンシー」をも兼ねているので値動きの分析がしやすいです。また日本円と取引した場合は「ドルストレート」となるので、初心者でも勝率が高くなります。

「勝ちやすい通貨ペア」をお探しの方は、まず「ドル円」で取引を始めてみましょう! なお勝ちやすい「FX初心者にオススメの通貨ペア」については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

ドル円の通貨ペアで注意したいポイント(アメリカの政情不安)

外国為替レートボード

ここまで、ドル円が『勝ちやすい原理』について説明をしましたが、最後に一点だけ「注意したい」ポイントがあります。それは、アメリカの政情不安についてです。

ドルストレートは、今後の予測が立てやすいのですが、一旦政情不安が持ち上がると、ドルの動きは大幅に変動するので注意が必要です。

特にアメリカは「トランプ政権」になった後から、政治・経済ともに「吉と出るか凶と出るか」先行きの見えにくい状況が続いています。

ドルの動きに大きく関わる米朝首脳会談(シンガポール開催)と今後の行方

米朝首脳会談のニュースは、米ドルの流れに大きく関わるようになりました。

2018年5月24日の時点で「米朝首脳会議は中止」となっていますが、5月28日には再度、米朝首脳会議開催で再調整(5月26日開催の韓国・北朝鮮トップによる板門店会談)が進められ、2018年6月12日には「予定通り開催」との報道が出ています。

激しい駆け引きが続くなか、階段でポジティブな流れが見られれば、ドル円は上昇し続けるでしょう。反対に、会談の中止や会談内容でネガティブな結果が出た場合にはドル円の大幅な下落が予測されます。

今後の米ドルの動きについては「地政学リスク」を参考に、先手先手で(損失が出ないよう)取引を行ってください。早めに予測を立てて「正確に行動」を行えば、ドル円で失敗する確率は低くなります。

チェックポイント

地政学リスクとは?

地政学リスクとは、特定の地域や国の政治、軍事、社会的緊張の高まりによって、世界経済に悪い影響が与えられること。地政学リスクの二大要因には、テロの脅威や紛争の勃発などが挙げられる。

まとめ|ドル円の通貨ペアならFX初心者でも「勝率が高く」なる

最後に「ドル円の通貨ペアで勝てる」理由について、本記事の内容をまとめておきます。

ドル円の通貨ペアが勝ちやすい理由
☑ FXの通貨ペアは、2つの通貨を組み合わせたもの
☑ 通貨ペアには、ドルストレートとクロス円がある
☑ FXで勝ちやすいのは、予測がしやすい「ドル円」が一番!
☑ 流動性リスクがある、特殊な通貨ペアには手を出さないこと!
☑ キーカレンシーの通貨であれば、勝ちやすい!

このように、FX初心者に、最もオススメなのは「ドル円」の通貨ペアだということが良く分かりました。ドル円は「ストレート」のペアであり、私たちにとって馴染みのある通貨です。FX初心者の方はぜひ「ドル円」を選択し、取引を始めてみましょう!


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング