FXの初心者が月に5万円前後を稼ぐことは可能?

FX初心者指南 2019/1/7 97view
FXの初心者が月に5万円前後を稼ぐことは可能?

FX初心者でも月5万稼ぐのは可能!FXの基礎知識(基礎的用語、チャートやローソク足の見方、重要な指標)や自分に合ったトレードスタイルを知り、一日8~10pipsを目指せば、コンスタントに5万円稼げる!各FX会社のスプレッドを比較しスプレッド幅の小さな業者でトレードをすれば、初心者でも無駄なく、賢く稼げるトレーダーになれる!

FX初心者でも「月に5万円前後」を稼げます。もちろん、100人中100人が稼げる訳ではありませんが、主婦や学生でも「月5万円」以上稼ぐトレーダーはおり、トレードのルールさえ守れば、さらに大きな利益も狙えます。

本記事では「FX初心者が5万円を稼ぐ方法」について、徹底解説しましょう!

FXで月5万円稼ぐのは意外にも簡単!?

FX初心者でも、1日数百円~千円程度の利益を稼ぐのは難しくありません。特にFXにはレバレッジがあるので、元手をより効率良く稼ぐことができます。FXは取引時間が長く、一週間のうち「月曜日の早朝から土曜日の朝まで」取引できます。

このため一ヶ月に換算すると「月平均20日~22日」トレードできます。毎日取引に参加できるのなら、1日「2,272円」の利益で「1カ月5万円」の壁がクリアできます。これくらいのレベルなら「自分にも出来るかも」と思えますよね!

FXで月5万円稼ぐ前にFXの基礎知識を固めておこう

冒頭でも説明した通り「FXで月5万円稼ぐ」のは、決して難しくありません。より確実に稼ぐために、まずは「FXの基礎知識」を固めておきましょう。

具体的には、FXの基礎的用語を学ぶ、チャートやローソク足の見方を知る、重要な指標について知る、FX会社や証券会社が主催する「無料セミナー」で学ぶ、少額トレードでコツコツ経験を積んでおく等の方法があります。

FXの基礎固めに必要なこと

  • FXの基礎的用語を学ぶ
  • チャートやローソク足の見方を知る
  • 重要な指標について知る
  • FX会社や証券会社が主催する「無料セミナー」で学ぶ
  • 少額トレードでコツコツ経験を積んでおく

それぞれの「重要ポイント」について、順に解説しましょう。

FXの基礎的用語を学ぶ

FXを始めるにあたり、まずは「FXの基礎用語」をマスターしましょう。今から基礎をしっかり固めておけば「応用力」も身に付き、すぐにFXトレードが始められます。FXに限らず、株取引においても「取引のルール」を知らないままでは、どのような状況で「利益」や「損益」が出るのか、チャートやパターン分析もできません。

「FXはセンスが重要」という意見もありますが、センス以前に「基礎知識」を知って、センスを磨く必要があるのです。もちろん「実践力が付くまで待て」と言っているのではありません。「実践力」を付けるには、実際のトレードで経験を積みながら、コツコツ学んでいくものです。

このためFX初心者の方は、少額トレードで経験を積む ようにします。また、本サイトでも「FXの基礎知識」について、特集を組んでいます。実際の取引を進めながら、どんどん知識を取り入れていきましょう。

チャートやローソク足の見方を知る

チャートやローソク足の見方を知っていれば、「次にどのような値動きをするのか」分析できるようになります。

ローソク足の見方が分からないまま、勘だけでトレードをするのと、次の動きを予測しながらトレードするのでは「勝率に大きな差」が生まれます。みなさんも継続して勝てるよう、いくつかのパターン(=陽線・陰線の仕組み)を覚えておくと良いでしょう。

ローソク足の見方を覚えた後は、デモツール(別名:デモトレードツール)などを使って「どのような動きをするのか」確認しておいてください。デモトレードは、実践さながらの取引が「仮想体験できる」便利なツールです。

しかしながら、デモトレードは「練習用ツール」に過ぎません。このため、トレードで結果を出すには、早い段階で「実践」へと切り替えるようにしましょう。実践力を鍛えるのならば、少額トレードで経験を積むのが一番です。

重要な指標について知る

FXの勝率に大きく関わってくるのが「経済指標」です。経済指標とは、各国の公的機関が発表する「経済状況」のことです。経済指標にもいくつかの種類があるのですが、「世界経済」に大きな影響を与えるのが、以下「5つの経済指標」です。

世界経済に影響をあたえる「5つの経済指標」

景気に対する指標 GDP/消費動向/景況感調査など
金利に関する指標 政策金利など
物価に関する指標 物価上昇率
雇用に関する指標 雇用統計
貿易に関する指標 貿易赤字

これらの指標は、各国の経済状況だけで無く、相場を予測するのに欠かせない情報(=データ)です。各FX会社のツールを開くと、以下のように「各国の経済指標カレンダー」が発表されています。こうした経済指標は、毎日・毎時間更新されています。表中の「重要度」なども参考に(値動きの)予測材料として活用しましょう。

経済指標カレンダーの例YJ!FX画像出典元:YJ!FX

北米、南米、オセアニア、アジア、ユーラシア、ヨーロッパ、アフリカなど世界中の「経済指標」のなかでも、特に大きな影響を与えるのが、アメリカの経済指標です。

以下に、アメリカの重要な経済指標をまとめてみました。

アメリカの経済指標(代表的なもの)

景気に対する指標 GDP/ニューヨーク連銀指数/フィラデルフィア連銀指数/ISM製造業景気指数/ISM非製造業景気指数/鉱工業生産/耐久財受注
金利に関する指標 政策金利など
物価に関する指標 CPI/PPI
雇用に関する指標 雇用統計/新規失業保険申請件数
貿易に関する指標 貿易収支/対米証券投資/財政収支など

これらの経済指標については、ニュースや新聞でも、目にする機会(または耳にする機会)が多いでしょう。日本国内においては、国内総生産、日銀短観、景気動向指数、消費者物価指数、企業物価指数などの指標が「重要な経済指標」として知られています。

このほか、ユーロ圏で重要な指標として「Ifo景況感指数」や「ZEW景況感指数」も、合わせて覚えておくと良いでしょう。

ユーロ圏の重要な経済指標

Ifo景況感指数 ドイツ連邦共和国のIfo経済研究所が発表する、ドイツの景況感指数のこと。具体的には、今後6カ月の先行きに関して調査が行われる。経済大国ドイツの指標は、ユーロ圏全体のマーケットに大きな影響を及ぼしている。
ZEW景況感指数 毎月1回、ドイツ連邦共和国の民間の調査会社であるZEW(欧州経済研究センター)が発表する、今後6カ月のドイツ国内の景気先行指数のこと。Ifo景況感指数同様、ユーロ圏全体のマーケットを支える指数となっている。

各国公的機関の発表は、民間のニュースよりも正確性が高く、数値で経済状況を把握するのに役立ちます。また、指標発表後「どのような値動きをしているのか」を見ることで、市場のトレンドがいち早くチェックできます。

このほかにも、抑えておきたいのが「各国要人」の発言です。各国の政府、中央銀行の総裁、世界的投資家、各国を代表する大企業のトップなどが発言をすると、為替が動く可能性は非常に高く、要人の発言をこまめにチェックする必要があります。

各国の経済指標や経済概況、要人の発言、その他重要なニュースについては、各FX会社や証券会社の公式サイト、PC版のトレードツール、スマートフォン(iPhone/Android対応)のツールからもチェックできます。重要なニュースを逃さないよう、出先でもこまめに確認を行ってください。

FX会社や証券会社が主催する「無料セミナー」で学ぶ

FX会社や証券会社は、投資家向けの「無料セミナー」を開催しています。こうしたセミナーでは、FXや投資の基礎知識だけでなく、鮮度の高い情報(例:今後、どのような方法で投資をすれば、賢く運用できるのか等)を次々と提供してくれます。

利用するFX会社や証券会社が決まったら、定期開催されているセミナーやイベントにどんどん参加してみましょう!

少額トレードでコツコツ経験を積んでおく

「理屈や理論」だけでなく、実際にトレードの経験を積むのが、FXでコンスタントに勝ち続ける一番の方法です。『チャートやローソク足の見方を知る』の項目でも説明しましたが、まずは余裕金の中から、少額の資金でトレードを始めてみましょう。

知識や実践経験を積み重ねると、投資への自信だけでなく「自分に合ったトレードスタイル」が見つかるのでオススメです。

FXで月5万円稼ぐために「予算と期間」を決めよう

軍資金600万円月5万円を稼ぐために、まずは「準備する軍資金」と、トレードに費やす「期間」を先に決めておきましょう。FXはスプレッドがあるため、軍資金は10,000円以下の少額でも構いません。ただ、月5万円といった目標があるのなら「30万円」程度軍資金を用意しておく方が「結果の出る」スピードがより早くなります。

例えば、30万円の資金が手元にあれば「レバレッジを10倍」として「3万通貨」の取引ができます。3万通貨あれば、1pipsで稼げる利益は「約300円」となり、1,000通貨や1万通貨よりも、効率よくトレードが行えます。

チェックポイント

30万円手元に取引(レバレッジ10倍)

3万通貨の取引ができる・・・1pipsで稼げる利益は「300円」
1日8pips(2,400円) × 22日(1カ月にトレードできる平均日数)= 52,800円

「一ヶ月で5万円」を目標にしているのであれば「1日8pips~10pips」取ることで、目標金額がクリアできます(上の図を参照)。経験のあるトレーダーでも、毎日20pips~25pipsとり続けるのは大変ですが、8pips~10pipsであれば、初心者でも目指しやすい水準です。

また、準備できる軍資金がより多く「3万通貨以上」の取引ができるのならば、よりスピーディーに月5万円の水準が超えられるでしょう。ただし…初心者がいきなり大金を投じるのは、考えものです。失敗をしないためには「少額トレード」でコツコツ経験を積みながら、自分に合ったトレード方を探すよう心掛けてください。

また「軍資金を少なくしたい」という理由で、高いレバレッジを設定する方も多いのですが、レバレッジを掛けすぎると「損失のリスク」も大きくなります。ハイレバレッジ(15倍~25倍以上)を設定すると、読みの間違えで、すぐにロスカットが行われます。無理のない水準を狙うのならば、30万円程度の資金で「ロスカットは10倍まで」に抑えるようにしましょう。

FXで月5万円稼ぐために「必要な戦略」を考えよう

ここから、FXで5万円稼ぐために「必要な戦略」を立ててみましょう。

戦略を立てるには、まず「投資をする期間」を決めておいてください。例えば、同じトレードでもスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期投資では、狙う利益や取り組む期間が変わってきます。

FXで狙う利益とおすすめのトレード法

手法 期間 狙う利益の大きさ
スキャルピング 数秒~数分単位 小さい
デイトレード 数分~数時間、1日で完結 小さい~普通
スイングトレード 相場を見ながら数日~数週間 比較的大きい
長期投資 数ヶ月~数年単位 大きい

このうち、FX初心者が「月5万円」を稼ぐのであれば、スキャルピングやデイトレードでの取引がオススメです。スキャルピングやデイトレードであれば、翌日に取引を持ち越すこともなく、少額トレードでコツコツ利益を狙うのに向いています。なお、取引を始めるタイミングですが、FXでは売りでも買いでも、どちらからでもトレードが行えます。

トレードスタイルにも共通しますが、自分にあったタイミングとスタイルで取引をすると、負けにくく「長く勝ち続ける」ことができます。先ずは、どの「スタイル&タイミング」でトレードをするのか決めておきましょう。

またFXでは「継続して勝つには上手く負ける」ことを知る必要があります。どんなに優れたトレーダーでも、毎日、毎日、連勝し続けるのは不可能なことです。全体を通して「+になるよう」調整をすれば良いのです。このためにも、少額トレードで損失が大きくならないよう、上手に負けることも重要視してください。

このほか、逆張りと順張りなどのトレードについても「どちらが自分に向いているのか」改めて確認しておきましょう。

FXで月5万円稼ぐには1日8~10pips取ろう

既に、FX初心者が「月5万円稼ぐ」には「1日8~10pips取りたい」と説明しました。ここでもう一度「pipsの意味や役割」についておさらいしておきましょう。

pipsは「為替が変動する最小値」を示している!

pipsとは ”Percentage in points”の略で、直訳をすると「ある時点での割合」となり、具体的には「為替が変動するときの最小値」を1pipsと呼んでいます。なぜ円でなくpipsを使うかと言うと(pipsは)パフォーマンスを平等に評価するのに便利だからです。

例えば、アメリカのある投資家と、日本のある投資家のパフォーマンスを比較したい場合、通貨レートの異なる二カ国では、正確に「どちらがより多く利益を上げたのか」が分かりにくくなります。しかしpipsを使えば、通貨のレートに関係無く「どのくらい稼いだのか」が客観的に把握できます。

pipsの表記ルールと単位

世界各国の通貨は「1pipsいくらなのか」表記ルールが決められています。今回は「日本円を基準に」1pipsの表記方法についてまとめてみました。

世界各国の通貨は「1pipsいくらなのか」

通貨ペア 1Pips
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
スイスフラン/円
カナダドル/円
豪ドル/円
NZドル/円
南アフリカランド/円
0.01円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
NZドル/米ドル
0.0001米ドル

さて「FXで月5万円」稼ぐ方法について、話を戻しましょう。本記事前半でも説明しましたが、初心者が1カ月5万円を稼ぐには、1日の取引で8~10pipsを目標にする必要がありました。

対円に換算すれば「100pips=1円」なので、単純計算すると800円~1,000円です。ただし、取引量は30,000通貨、レバレッジ10倍で計算すると1日あたり「2,400円~3,000円」程度の利益で、1カ月5万円のラインは楽にクリアできます。

この数字は「軍資金50万円~100万円」を前提にしているので、軍資金が少なくなると取引できる通貨量はより小さくなります。とはいえ、高いレバレッジを設定するのは危険です。30万円の軍資金が用意できない場合には、先に「30万円」を少額トレードで貯めてみてはいかがでしょうか?

先ず「30万円を貯める」ことを目標にし、次のSTEPで「月5万円を稼ぐ」ようにすれば、FX初心者でも無理なくトレードが継続できます。主婦や学生の方「軍資金が少額で不安…」という方は、この方法を試してみてください!

各FX会社のスプレッドを比較してコストを最小限に

ここまで紹介した方法以外にも「FXで月5万円」稼ぐのに重要なことがあります。それは、各FX会社のスプレッドを徹底比較し、無駄な手数料をカットすることです。

FXの実質的手数料はスプレッド!

FXの実質的手数料は「スプレッド」です。このため、無駄な手数料を無くすには、スプレッドの小さな業者を選択し、利用することが何より重要です。特にスキャルピングのようなトレードスタイルで稼ぐ場合には影響が計り知れません。

スプレッド幅が小さければ、ポジションを持った瞬間に損益がプラスになる確率も上がります。心理的に余裕がある状態でのトレードは良い結果をもたらしますので、スプレッドというコストは可能な限り小さい方が良いのです。

なお、以下の記事ではFXにかかる手数料とスプレッドの仕組みについて詳しく説明しています。

また以下の記事では、スプレッド幅が小さい(=手数料が安い)FX会社を厳選して紹介しています。毎月確実に「FXで5万円勝ちたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

まとめ|FX初心者でも月5万円稼ぐことは可能

最後に「FXで初心者が月5万円稼ぐ」方法について、本記事の内容をまとめておきます。

FX初心者が「月5万円」稼ぐために必要なこと
☑ FXで月5万円稼ぐ前に、FXの基礎知識を固めておくと安心!
☑ チャートやローソク足、重要な指標を知るとパターン分析に役立つ!
☑ FXで月5万円稼ぐために、予算や期間、戦略を立てるべし
☑ FXで月5万円稼ぐには、1日で8~10pips取ればOK!
☑ FXで賢く勝つには、スプレッド幅の小さなFX会社がオススメ!

FX初心者の方も、この方法でどんどんトレードを始めてみましょう。「月5万円」の利益があれば、年間にして60万円以上の大きな収入となります。これなら、副業としても十分な金額ですよね。お小遣い稼ぎ、副業をお探しの方も、ぜひ参考にしてみてください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング ブログズーム
ブログランキング ブログズーム
リンクリックブログランキング
リンクリックブログランキング