FXのシストレとは?システムトレードで自動売買化する方法

FX初心者指南 2019/6/13 179view
FXのシストレとは?システムトレードで自動売買化する方法

FXには裁量トレードとシステムトレード(シストレ)がある。システムトレードは自動売買機能で、トレードルールに従って自動で取引が行われる。自動売買なら日中忙しい人でも、気軽にFXができるのでオススメ。PC版とスマホ版があり、フルオート機能を使えば収益率200%を超えることも!ただしシステムトレードではチャート分析能力が身に付かない、手数料が高いなどのデメリットもある。

FXのシストレとは「システムトレード」を指しています。FXでは自動売買の仕組みを略して「シストレ」と呼ぶようになりました。シストレの機能を使えば、日中忙しい方でも自動売買できるので便利です。

本記事では、FXの売買を自動化(システムトレード)する方法について説明します。

FXシステムトレードの仕組み

FXのシステムトレードとは「自動売買取引」を指します。あらかじめ決めておいたトレードルールを入力すると、システムトレードが自動売買をする仕組みです。

システムトレードの対局にあるのが「裁量トレード」です。裁量トレード(さいりょうとれーど)は、手動のFX取引でエントリーの判断、利食いや損切り等、すべて、自分で見極めて取引を行う点に違いがあります。

以下に、システムトレードと裁量トレードの違いをまとめてみました。

システムトレードと裁量トレードの違い

区分 内容 メリット デメリット
システムトレード 自動で取引を行う(自動売買) 時間に左右されない、戦略通りにトレード出来る テクニカル分析のチカラが付かない
裁量トレード 手動で取引を行う 自分が取引したい時に取引できる 取引のタイミングを計るのが難しい

システムトレードのメリットは、客観的視点で取引できる点にあります。通常の裁量トレードでは、私たちが相場の状況に合わせて取引を行うため、ついつい余計な感情が入ってしまいます。

しかし、システムトレードの場合は「機械が売買」を行うため(一切の感情が入らず)正確に損切りや利食いが行われます。これなら、FX初心者でも失敗が少なく、比較的安全にトレードできますね!

チェックポイント

ストラテジーとは?

ストラテジーとは、ある目的を達成するための戦略や運用方法を指します。FXでは、投資手法やルール、資金の管理方法などを含めて「ストラテジー」と呼んでいます。

また、システムトレードの分野では、自動売買の取引情報を提供するプログラムやトレーダー(ランキング機能)のことをストラテジーと呼んでいます。システムトレードのツールには、自分でストラテジーを設定するものや、いくつか用意されたストラテジーの中から選択するもの、ストラテジーを自動設定する「フルオート機能」があります。

FXシステムトレードの種類は2タイプ

システムトレードには、大きく分けて二種類のタイプがあります。

システムトレードの種類

区分 内容 難易度 料金
A. 選択型システムトレード あらかじめ用意されたストラテジーの中から、条件を選択する。 初心者~中級者 無料
B. 開発型システムトレード 複雑な条件を自ら設定する必要がある。 上級者 専用のプログラムを購入、または自分で開発する

FX初心者の方は、Aの選択型システムトレードを利用しましょう。

Bの開発型システムトレードは、複雑な条件やプログラムを自分で設定する必要があり、プログラム以外にも、FXの高い知識が要求されます(有料ツールが多い)。

Aの選択型システムトレードは、システムトレードに対応したFX会社や証券会社が無料でツールを提供しています。

FXシステムトレードの基本機能

FXの選択型システムトレードには、どのような機能があるのでしょうか? 一般的なシステムトレードツールを例に「使える機能」をチェックしてみましょう。

システムトレードで使える代表的な機能

ランキング機能 収益率が高いトレーダーをランキングで表示、お気に入りのトレーダーが実践するストラテジーが設定できる機能。
プログラムの自動入れ替え機能① トレーダーのなかから、好調なプログラムを選択、自動で入れ替えしてくれる機能(フルオート機能)
プログラムの自動入れ替え機能② 世界中のプロ投資家が生み出したプログラムの中から、最も優れた機能を自動で入れ替えする機能(フルオート機能)
簡単設定機能 収益率や最大リスク、必要な資金から自分に合ったストラテジーが選べる機能。
カスタマイズ機能 資金・通貨・ステータスを自分でカスタマイズできる機能。

表中の「プログラムの自動入れ替え機能」は、フルオート機能と呼んでいます。同機能については、本記事の後半で詳しく解説します。

FXシステムトレードはPC&スマホに対応!

システムトレードは、PC版だけでなくスマートフォン(iPhone/Android)にも対応していますが、各FX会社や証券会社によって「推奨環境」が異なります。必ず対応状況を確認した上で、デイトレードを始めてください。

チェックポイント

フルオート機能とは?

ストラテジーの中から、好調なプログラムを選択し、自動で入れ替えを行う機能を「フルオート機能」と呼んでいます。かつてはミラートレーダー(例:FX プライム by GMO)と呼ばれる、選択型システムトレードがメジャーでした。

現在は「フルオート機能」と呼ばれる、好調なプログラムを自動で選択し入れ替えする自動システムトレード機能が誕生しています。2018年7月現在、フルオート機能に対応しているのは、インヴァスト証券の「シストレ24」だけです。

FXシステムトレードの設定方法

FXシステムトレードの設定方法ですが、PC版の場合とスマートフォン版によって、設定方法が異なります。

FXシステムトレード(PC版)の設定方法

各FX会社・証券会社の会員ページにログインし、システムトレードのページにアクセスすれば、そのまますぐにシステムトレードが始められます。

設定方法|みんなのシストレ(みんなのFX)画像出典元:みんなのシストレ(みんなのFX)

ただし、PC版の中にもダウンロードが必要なものや、対応ブラウザ(Google Chromeなど)が限定されたサービスもあります。インストール前に「推奨条件」を確認した上でトレードを始めてください。

FXシステムトレード(スマホ版)の設定方法

スマートフォン専用アプリが提供されていれば、AndroidやiPhoneでもシステムトレードが行えます。また、スマホ版が無い場合は、スマートフォンから直接ブラウザを通じて、システムトレードを行ってください。

ただ、OSやブラウザが対応していない場合は、正しく表示されない場合があります。各サービスの対応ブラウザや推奨環境を確認した上で、取引を始めてください。

FXの自動売買「フルオート機能」を使いこなすコツ

FXの自動売買には、一部「フルオート機能」に対応したサービスがあります。

例えば、インヴァスト証券のフルオート24というサービスでは、好調なストラテジーを自動入替する便利な機能を搭載しています。ここまで「システムトレードは、ストラテジーを選択して…」という説明をしましたが、フルオート機能であればストラテジーを選択する必要もありません。

インヴァスト証券のフルオート24画像出典元:インヴァスト証券(シストレ24)

フルオート機能がストラテジーを自動で選択・随時入れ替えをしてくれるので「完全自動管理」でFX取引が行えます。

FXのフルオート機能は収益率200%を超えることも!

インヴァスト証券のフルオート機能では、年間収益200%を超える優秀なプログラムも登場しています。

インヴァスト証券のフルオート機能収益ランキング画像出典元:インヴァスト証券(シストレ24)

FX初心者の私たちは、ただ参加するだけでOK。世界中の優れたトレーダーや優秀なプログラムが、自動で利用できるのですから驚きです。これこそ『究極のFX自動売買機能』と言えますね!

FXシステムトレードのデメリットは?

ここまで良い面ばかりを説明してきましたが、システムトレード機能にも、いくつかのデメリットがあります。

FXシステムトレードは手数料が高い

まず、システムトレードは一般的なトレードと比べて「手数料が高め」に設定されています。例えば、ひまわり証券のシステムトレードでは、通常のドル円スプレッドが1銭なのに対し、システムトレードでは2銭と、スプレッド幅が2倍も広く設定されています。

FXは手数料を少なく、スプレッド幅を狭くするのが「勝率を上げるコツ」ですが、手数料が掛かりすぎるのも考えものですね。

ストラテジーの中には儲からないものがある

システムトレードの「ストラテジー」の中には、一部儲からないプログラムが混じっています。このため、選択型システムトレードの場合には「どれを選ぶのか」が勝率を大きく左右します。

システムトレードもストラテジー選びができない…という場合には、フルオート機能を利用するのが一番です。

フルオート機能は「チャート分析能力」が身に付かない

フルオート機能にもデメリットがあります。それは、フルオート機能を使うと、FXのチャート分析能力が全く身に付かないという問題です。FXを始めたにも関わらず、チャート分析能力が磨かれず、知識0のままトレードをするのも間違いではありませんが…。例えるなら「自動運転の車」にずっと乗り続けているような、何とも言えない不安を感じますね。

このため、裁量トレードで基礎知識を身に付けて、コツコツトレードの経験を積みたいという方にはシステムトレードやフルオート機能ではなく、通常のFX取引をオススメします。通常のFX(裁量トレード)でも、基本を忠実に押さえれば、コツコツ利益が狙えます。

FX各社のシステムトレードとフルオート機能の対応状況

最後に、FX各社のシステムトレードと、フルオート機能の対応状況をまとめておきます。

システムトレードに対応しているFX会社一覧

会社名 システムトレード(※) プログラム機能 売買シグナル 未来予測 フルオート機能
インヴァスト証券
(シストレ24)
インヴァスト証券くりっく365
IG証券
セントラル短資FX
アイネット証券
FXブロードネット
外為オンライン
FX プライム by GMO
FXトレードファイナンシャル
マネースクウェア・ジャパン
ひまわり証券
みんなのFX
マネーパートナーズ
YJ FX!

※ 表中のシステムトレードは「ストラテジー選択型」を指しています。フルオート機能を搭載しているのは、インヴァスト証券の「シストレ24」だけですが、選択型システムトレードについては、表中のFX会社と証券会社が導入しています。

日中トレードできない、自動でサクサク運用したいという方は、システムトレードを導入しましょう。

まとめ|システムトレード(自動売買)は忙しい人にオススメ!

最後にシステムトレードとフルオート機能について、本記事の内容をまとめておきます。

まとめ|システムトレードとフルオート機能
☑ FXには裁量トレードとシステムトレードがある
☑ システムトレードは、トレーダーに従って自動売買する機能
☑ システムトレードはPCとスマホに対応
☑ フルオート機能なら、機械がストラテジーを自動設定してくれる!
☑ システムトレードは手数料が高め、儲からないものもある
☑ フルオートは便利だが、チャート分析能力が身に付かない

システムトレードやフルオート機能は、大変便利な機能です。ただ、場合によっては手数料が掛かりすぎる、儲からない、チャート分析能力が身に付かない…などのデメリットがあります。

自動売買を使う時には、良い部分と悪い部分の両面を知った上で、賢く使い分けましょう。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング