レバレッジの倍率は自分の判断で決められますか?

FX初心者からのよくある質問 2019/1/7 178view
レバレッジの倍率は自分の判断で決められますか?

FXのレバレッジは自分では決められるところは少ない。多くの場合「実効レバレッジ」を採用しており、資産に応じてレバレッジが自動設定される。ただ「レバレッジコース」のあるFX業者や証券会社であれば、指定されたレバレッジが自由に選択できる。国内はレバレッジ規制が進んでいるが、国内業者の方が(海外業者より)安全性が高く安心して取引できる。

FX(外国為替証拠金取引)は、レバレッジが掛けられる点に特徴があります。レバレッジがあれば、手持ちの資金以上に「大きな金額」が動かせるので、たくさんの資金は必要ありません!

それではレバレッジは、どのように設定すれば良いのでしょうか。FXの場合「自分の判断」でレバレッジを決められるのでしょうか…?

実は、レバレッジを自分で設定できる業者は少なく、通常「取引額に応じて自動的にレバレッジが設定される仕組み」です。本記事では「レバレッジの倍率を自分で決定する方法」や実効レバレッジの仕組みについて説明しましょう。

FXのレバレッジ「自分で決められる」ところは少ない

計算機通常、FXのレバレッジは「自分で決める」ことはできません。(実効レバレッジの場合)

かつては自分で5倍、10倍、25倍と「自分でレバレッジが決定できる」FX業者・証券会社も多かったのですが、現在では「預け入れ金」に対し、自動でレバレッジが決まる仕組みです。

このため「FXのレバレッジ」は、預け入れている資産額と保有したいポジションの量などで、バランスを取りながら「自分で計算し設定」する必要があります。設定の方法については、次項で詳しく説明します。

FXの「実効レバレッジ」とは?

レバレッジの倍率は、保有する資産とポジションによって決定されます。これを「実効レバレッジ」と言い、実質の運用レバレッジを指しています。実効レバレッジは、保有する通貨枚数を調整することで「倍率の調整」が行えます。

チェックポイント

実効レバレッジの計算式

ポジション評価額 ÷ 有効証拠金額(資産合計+評価損益金−出金依頼金額)

また、FX業者や証券会社の中には規定の「レバレッジコース」を設けるところがあります。1倍/10倍/25倍などのコースからひとつを選択してもらい、必要な証拠金を預けてトレードする仕組みです(※ レバレッジコースは次項にて解説します)。

気になる証拠金の割合ですが「4%」にする業者が多いです。例えば、1ドル100円の時に「80万円分のドルが欲しい」とします。この場合、80万円の4%分なので「32,000円」の証拠金を用意しトレードする仕組みです。

なお、レバレッジのような「証拠金取引」が行われるのは、投資効率を上げるためです。レバレッジがあることで、私たち一般トレーダーも『気軽にFX』ができるようになりました。

FXのレバレッジ「コース設定」であれば、自由に選択できるところもアリ!

前項で、実効レバレッジの場合は「資産に応じてレバレッジが自動設定される」と説明しました。ただし、FX業者や一部証券会社の中には「レバレッジコース」を設けているところがあり、レバレッジコースのあるFX業者・証券会社であれば、自分でレバレッジの倍率が決められます。

例えば【レバレッジ1倍コース/2倍コース/5倍コース/10倍コース/25倍コース】と何段階か選択肢があり、選択したコースに応じて『必要な証拠金』を設定する仕組みです。

FX業者の例に見る、レバレッジの仕組み

例えば楽天証券FXでは、5段階のレバレッジココースを設けており、規定の必要証拠金を準備すれば、希望のレバレッジでトレードできます(下の画像参照)。

楽天証券 FXのレバレッジ表画像出典元:楽天証券 FX

また下の画像はYJFX!の「スマホアプリ」画面ですが、画面上の操作だけで簡単にレバレッジのコースが変更できます。

YJFX!レバレッジ変更画像出典元:YJFX!

証拠金率はレバレッジのコースによって変動します。例えば、レバレッジ1倍であれば「証拠金率100%」となり、レバレッジ10倍なら「証拠金率10%」となる仕組みです。

そもそもFXのレバレッジとは?

ここまで、FXでレバレッジをコントロールする方法や「実効レバレッジ」について説明しましたが、そもそも「レバレッジ」にはどのような意味や役割があるのでしょうか? 簡単に「レバレッジの仕組み」についてまとめておきます。

FXにおけるレバレッジの仕組み(意味と役割)

FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジとは「てこ」のことです。より分かりやすく説明すると、手元の資金に「最大25倍まで」のレバレッジを掛ければ、倍率に応じた金額が取引できる仕組みです。

例えば、手元に5,000円を持っている人がいたとします。手持ちの資金に「25倍のレバレッジ」を掛けたとしましょう。この場合の計算式は、次の通りになります。

チェックポイント

手元の資金5,000円に「25倍」のレバレッジを掛けた場合

5,000円 × 25倍(レバレッジ)= 125,000円

(この例からも分かる通り)レバレッジを掛ければ「わずかな資金」でも、大きな資金が動かせます。また「手持ちの資金」を増やし、レバレッジを大きくすれば(最大25倍)取引できる資金は、より大きくなります。

こうした仕組みを利用し、わずかな資金(=お小遣いやへそくりなど)で、FXトレードをする学生、主婦は多いです。ただし…FXはレバレッジをかけ過ぎると、損失が出たとき「大きなリスク」を抱えることになります。レバレッジに応じたリターンがある一方で(損益にも)レバレッジに応じた損失が生まれるからです。

このためFXでは、無理のない「適正なレバレッジ」を設定する必要があります。FX初心者の適正なレバレッジは、2倍~3倍(より慎重に進めるなら1倍でもOK)です。また、ある程度FXに慣れてきた方でも、5倍程度にレバレッジを抑えておけば、無理なく安心してトレードが行えます。

金融庁がレバレッジを最大10倍に引き下げるってホント?

国会議事堂金融庁は「レバレッジを現行の25倍から、最大10倍にまで引き下げる」意向を示しています。正式な日程は決まっていませんが、早ければ2018年(平成30年)の春頃には実施されることでしょう。

金融庁がレバレッジ規制を急ぐ理由は【顧客保護/業者のリスク管理/過当投機】の3点が考えられますが、政府主体の「レバレッジ規制」には反発の声も大きいです。

なぜなら「国内のレバレッジ規制」が厳しく規制されたとしても、一定のトレーダーが「安全性の不明な海外業者」に流れると予測されるからです。国内を取り締まった結果、海外の業者に多くの顧客が流れてしまっては金融庁の掲げた「顧客保護」は、果たされないこととなります。ただし、海外の高いレバレッジと比べた場合「一定の安全性が保たれている」のは確かです。

一定のレバレッジ規制があることで、破産や破綻をする人の割合は少なく抑えられています。その一方で、FXの醍醐味である「少ない資金でもトレードできる」部分(=レバレッジのメリット)が損なわれ過ぎては、投資の目的が果たせなくなります。

今後、金融庁のレバレッジ規制と利益の水準が「どのバランスで保たれるのか」国内外の投資家からも、大きな注目が集まっています。

レバレッジ規制と対策~海外の業者でFX取引をするリスクを知っておこう

国内のレバレッジは「最大25倍」に規制されています(2018年4月20日時点)。しかし海外の場合は、800倍~1,000倍を超える「高すぎるレバレッジ」を設ける業者もあります。

レバレッジは、高ければ高いほど良いという訳ではありません。レバレッジは低ければ低いほど「安全かつ慎重にトレード」できます。

FX初心者が絶対に避けるべき「ハイレバレッジ」の誘惑

FX初心者が「大きなレバレッジ」を掛けると…投資の失敗により、多額の損失を抱えることになります…。海外のFX業者は「上限が高いので利益が出しやすい」といった魅力もありますが、ハイリスク・ハイリターンではあまりにも危険すぎます。

本サイトでも何度か説明していますが、FXはギャンブルではありません。FXは、未来の値動きを予測・分析し、トレードを行う投資です。FX=投機性の高いギャンブルでは無いので(ギャンブル性の高い投機は絶対に負けます)。

レバレッジの掛け方は適正値を守り、投資の仕方は「健全になるよう」意識を改めましょう。

まとめ|FXは「実効レバレッジ」とコースによって設定方法が異なる

最後に「FXのレバレッジ倍率」について、本記事の内容をまとめておきます。

FXのレバレッジ設定について
☑ FXのレバレッジは、資産に応じて自動で計算される仕組み(原則、自分でレバレッジが設定できない)
☑ ただしFX業者の設定したコースであれば、レバレッジは自由選択できる
☑ レバレッジがあれば、資産以上の大きな資金が動かせる
☑ 金融庁は、レバレッジを最大10倍にまで引き下げたいと考えている
☑ 海外FX業者はレバレッジが高いが「安全に取引」するには、国内業者でトレードすべき!
☑ FX業者は、利用できる「レバレッジコース」で選んでもOK!

いかがでしたか? 今後、FXのレバレッジ規制が起こった時には「どこで申し込みをすべきか」レバレッジの倍率で業者を選択する人は増えてくるでしょう。

ただ(本記事の中盤でも説明しましたが)倍率だけで、海外業者を利用するのは大変危険です。私たちは、レバレッジが「安全に取引するためのルール」であることを忘れてはいけません。

みなさんもFX口座を開設するときには、安全な「国内FX業者・証券会社」と取引を行ってください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング ブログズーム
ブログランキング ブログズーム
リンクリックブログランキング
リンクリックブログランキング