FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の特徴と評判・口コミ|FXサービス情報を徹底解説

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)は低スプレッド&最小取引単位1000通貨からトレード可能で取引ツールも豊富!信用格付No.1を13年連続受賞する実力派!他社では禁止されがちなスキャルピングトレードもOK!

  • スマホ取引
  • 手数料0円
  • 少額取引
  • 自動売買
  • 通貨ペア多数
  • デモトレード
  • お得な特典
  • 無料セミナー
  • 外貨両替

基本情報

取引単位
1,000通貨
取引手数料
0円
初回最低入金額
下限なし

主要通貨のスプレッド 原則固定(例外あり)

米ドル/円
0.2
ユーロ/円
0.2
豪ドル/円
0.5
ポンド/円
0.4
NZドル/円
0.9
スプレッド
業界最狭レベルのスプレッドでレート配信中!最小1,000通貨からトレード可能
スワップ
トルコリラや南アフリカランドなど、高金利通貨も高いスワップポイントで運用可能
信頼性
創業100年以上の歴史を持つセントラル短資株式会社が母体なので安心!

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)はこんな人におすすめ!

  • 実績のあるFX会社でトレードしたい投資初心者、FX初心者の方
  • 低コスト(スプレッド)で頻繁にスキャルピングトレードしたい人
  • 高いスワップポイントで、高金利通貨などを資産運用をしたい人

お得な特典情報

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の特徴と評判・口コミ|FXサービス情報を徹底解説

キャッシュバック特典

新規口座開設後、取引数量に応じて最大500,000円のキャッシュバック
このほかにも、口座開設+米ドル/円のトレード「100万通貨以上の新規約定取引」で、全員に1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施中!

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の特徴と評判・口コミ|FXサービス情報を徹底解説

FX会社一覧 2020/6/12 20view
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の特徴と評判・口コミ|FXサービス情報を徹底解説

FXダイレクトプラスは、セントラル短資FX株式会社の提供する、外国為替取引サービスの名称です。CMでもおなじみ「業界最狭水準のスプレッド」でトレード可能。

通貨ペア数も「全25種類」とメジャーからマイナーなペアまで、幅広い通貨を扱っています。

「最小1,000通貨」から取引ができ、スプレッドも狭いのでスキャルピングやデイトレードにも最適!自動売買を利用したトレードもできるので、FX初心者の間でも人気のFX会社です。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)はFX初心者から、FX上級者(プロのトレーダー)まで幅広い層におすすめのFX会社です。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のサービス特徴

FXダイレクトプラスは、バリエーションの豊かなFXサービスを提供しています。トレーダーのレベルに合わせてツールやトレードの方法が選べます。

業界でも最狭水準のスプレッド・高いスワップポイントで取引可能!

FXダイレクトプラスは、業界でも最狭水準のスプレッド(米ドル/円0.2銭)を提供。そして1,000通貨からトレードできるので、軍資金の少ない方でも安心して「FX取引」が始められます。

スプレッド幅が狭いので、スキャルピングなど「短期トレード」にも向いていますし、デイトレードはもちろん、スイングトレードや中長期トレードなど、投資のスタイルに合わせてトレードできます。

アフリカランド/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円など、高金利で人気の通貨ペアを扱っており、外貨預金感覚で運用できるのも、FXダイレクトプラスのうれしいポイントです。

プロのノウハウが詰まった独自の高機能取引ツール

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)は独自の取引ツールとして、自動売買ツール「クイックチャート・トレードプラス」や、”みらい”のチャート形状を予測できるツール「みらいチャート」などを提供しています。

MT4以外のツールで「自動売買したい」方には、FXダイレクトプラスのツールがおすすめできます。

セントラル短資FXは企業として信頼性が高い

FXダイレクトプラスの人気を決定付けているのが「信頼性の高さ」です。FXダイレクトプラスを運営するセントラル短資FX株式会社は、FX会社で唯一「長期信用格付」を13年間連続獲得している実績があります。

また、親会社は創業100年以上の歴史を持つ「セントラル短資株式会社」であり、インターバンク市場において「高度な金融のノウハウ」を獲得。安定性の高い独自の取引システムに加え、高い信用によって総口座数は18万件を突破しました!

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の評判

FXダイレクトプラスを実際に利用したユーザーの口コミやレビュー評価の内容をまとめてみました。

  • 最小取引単位が1000通貨からなので、少ない軍資金でも安心してトレードできる
  • スキャルピングが公式でOKになっているし、スプが狭くていい
  • スワップポイントが高いのでうれしい!スイングトレードにもおすすめ
  • チャートが見やすい、ツールが使いやすい
  • MT4以外で自動売買できる、貴重な存在

どの口コミを見てもセントラル短資FX株式会社、FXダイレクトプラスの評価は総じて「高い」です。チャートの見やすさ、ツールの使いやすさでもトレーダー人気は高いです。

ただ、取引の時間によっては一部スリッページが多く、約定できない場合もあるようです。最近は(covid-19など)世界情勢の大きな変化により、スワップも大きく変動しています。

結果、他社スワップポイントと同水準になった通貨ペアもあり、これから運用をする際には「為替の急激な変動」に注意が必要です。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の良い点

FXダイレクトプラスの良い点をまとめてみました。

  • スプレッド幅が狭く、低コストでトレードできる
  • 1,000通貨から取引OK!軍資金の少ない方も安心
  • 初心者向け、プロ向けなど取引ツールが充実
  • スワップポイントが高く、外貨預金感覚で運用できる
  • 創業年数が長く、信頼性の高さが売り!

FXダイレクトプラスの良い点は【低コスト、高いスワップ、信頼性の高さ】に集約されています。また、初心者からプロまで満足させる、バリエーション豊富な取引ツールも高く評価されています。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の気になる点

FXダイレクトプラスの気になる点をまとめてみました。

  • スワップポイントの変動に注意
  • 時間帯によって、約定力が低下することも
  • 一部通貨はスプレッド幅が広い

本記事の前半でも解説をしましたが、「スワップポイント」の部分で注意が必要です。実際に、FXダイレクトプラスの口コミを見ていると、「高いスワップポイントが、他社と同水準になってしまった…」と嘆くトレーダーがいます。

このほか、メジャーな通貨ペア以外のスプレッド幅は広いといった意見も出ています。トレードをする前に、為替の変動と共に、各通貨ペアのスプレッド幅をこまめにチェックしましょう。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のアプリ・取引ツールは使いやすい?

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のアプリ・取引ツール

FXダイレクトプラスのアプリと取引ツールは、「バリエーションが豊富」なことで有名です。ブラウザ型はもちろんのこと、スマートフォン(iPhone、Android)、iPad版、携帯電話専用ツールなど、自由に「取引ツール」が選択できます。

以下、FXダイレクトプラスでリリースしているツールの種類と内容をまとめてみました。

FXダイレクトプラスの全ツール

WEB取引システム

ブラウザからトレードできる。セントラル短資FXで最もスタンダードなツール。PCのほか、スマートフォン(iPhone、Android)、iPadでも使用可。

Progressive Chart(プログレッシブチャート)

FXダイレクトプラス専用の取引ツール。ブラウザで利用でき、快適な操作性、鮮やかなデザイン性でFX初心者にもおすすめ!

Quick チャート*トレード+

プロのノウハウが詰まった高機能取引ツール。1クリックで発注できる「スピード注文」機能やチャート上から取引出来る「成行注文パネル」、トレーダーが自由にカスタマイズできる機能を搭載。

みらいチャート

高度なテクニカルの知識が無い方でも、直感的に市場の動向がチェックできる便利な予測ツール。

パーソナルレコード

過去の取引履歴を記録し、取引の傾向やトレードのくせが分析できるツール。

FXライブ!

経済イベント、指標結果、各種レポートをリアルタイムで配信する情報サイト。

iPhoneアプリ

iPhoneの機能をフル活用し、PC版と同等のトレード機能を搭載したiPhone専用取引ツール。

Androidアプリ

Androidの機能をフル活用し、PC版と同等のトレード機能を搭載したAndroid専用取引ツール。

Quick チャート+for iPad

Quick チャートのiPad版で、iPadの機能をフル活用し、PC版と同等の高機能トレードツールが使用できる。

携帯WEB取引システム

「携帯電話専用」のトレードツール。PC、スマートフォンをお持ちで無い方におすすめ。

セントラル短資FX株式会社は、初心者に向けてスマートフォン専用ツールや「みらいチャート」と呼ばれるチャート形状予測ツール、直感的に操作できるWEB取引システムを提供しています。

またプロトレーダーには、Progressive Chart(プログレッシブチャート)と呼ばれるブラウザ型オールインワン取引ツール、Quickチャートトレード+と呼ばれる自動売買ツールなど、カスタマイズできる高機能ツールを提供しています。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の手数料・スプレッドは安い?

業界最狭水準のスプレッド|セントラル短資FX株式会社

FXダイレクトプラスの取引手数料は「0円」です。また、FXダイレクトプラスは「業界最狭水準」のスプレッドで取引ができます。

参考までに、FXダイレクトプラスとFX大手のD社で、主要通貨のスプレッドを比較してみました。

主要通貨のスプレッド

通貨ペア FXダイレクトプラス D社
米ドル/円 0.2銭 0.2銭
ユーロ/円 0.4銭 0.5銭
英ポンド/円 0.9銭 1.0銭
豪ドル/円 0.5銭 0.7銭
NZドル/円 0.9銭 1.2銭
スイスフラン/円 4.0銭 1.8銭
カナダドル/円 4.0銭 1.7銭
南アランド/円 0.9銭 1.0銭
ユーロ/米ドル 0.3pips 0.4pips
英ポンド/米ドル 0.8pips 1.0pips
米ドル/スイスフラン 4.0pips 1.6pips

※ 2020年6月9日時点のデータ

表中の太字部分は、(D社と比較して)スプレッド幅が狭い通貨を指しています。米ドル/円を含むメジャーな通貨はすべて、スプレッド幅が狭くコストをかけずにトレードできます。

ただし、スイスフラン/円、カナダドル/円、米ドル/スイスフランのように、スプレッド幅の広い通貨ペアもあるので注意しましょう。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のスワップポイントは高い?

FXダイレクトプラスにおける、主要通貨のスワップポイントをまとめてみました。

今回もFXダイレクトプラスとFX大手のD社で、主要通貨のスワップポイントを比較しています。

主要通貨のスワップポイント

通貨ペア FXダイレクトプラス D社
米ドル/円 【買い】 2円
【売り】-52円
【買い】 9円
【売り】-12円
ユーロ/円 【買い】-10円
【売り】-20円
【買い】-19円
【売り】 16円
英ポンド/円 【買い】 0円
【売り】-20円
【買い】 4円
【売り】 -7円
豪ドル/円 【買い】 0円
【売り】-30円
【買い】 1円
【売り】 -4円
NZドル/円 【買い】 0円
【売り】-15円
【買い】 1円
【売り】 -4円
スイスフラン/円 【買い】-10円
【売り】 0円
【買い】 -6円
【売り】 3円
カナダドル/円 【買い】 0円
【売り】 −9円
【買い】 1円
【売り】 -4円
南アランド/円 【買い】 1円
【売り】-16円
【買い】 3円
【売り】 -6円
ユーロ/米ドル 【買い】-33円
【売り】 10円
【買い】 -21円
【売り】 18円
英ポンド/米ドル 【買い】-11円
【売り】 -6円
【買い】 -4円
【売り】 1円
米ドル/スイスフラン 【買い】 5円
【売り】-20円
【買い】 14円
【売り】−17円

※ 2020年6月9日時点のデータ

表からも分かる通り、D社と比較してFXダイレクトプラスのスワップポイントは非常に差が大きく、金利差収益を得やすいことが分かります。

ただし、2020年に入ってから新型コロナウイルス(covid-19)の影響で、スワップ変動リスクと相場変動リスクが高まっており、一定の注意が必要です。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の約定力は安定している?

FXダイレクトプラスの約定力は平均して「安定」していますが、取引の時間帯によっては、スリッページが起こりやすく「約定力が低下する」場合があります(トレーダーの口コミを参照)。

また、新型コロナウイルス(covid-19)の影響で、相場変動リスクが高まるタイミングでは約定力も低下しています。

安定してトレードができるよう、マーケット情報や世界情勢はこまめにチェックしましょう(※ セントラル短資FX株式会社のツール「FXライブ!」が役に立ちます)。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)でマージンコール・ロスカットされる水準は?

FXダイレクトプラスに、マージンコールはありません。

ただし、取引日終了前の時点で証拠金維持率が125%を下回ると、「ワーニングメール」と呼ばれるアラートメールが送信されます。

ワーニングメール|セントラル短資FX株式会社

このほか、証拠金維持率が100%を下回ると強制ロスカットが行われ、全ての建玉、発注済の注文もすべて取消されます。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のマーケット情報は充実している?

FXダイレクトプラスのマーケット情報は、非常に充実しており会員限定コンテンツは全6種類提供されています。

FXダイレクトプラスのマーケット情報

マーケットビュー

5人のスペシャリストが、経済指標やテクニカル分析、マーケット情報を紐解く会員限定コラムです。

為替チャート

FXダイレクトプラスで扱う通貨ペアの最新チャートを表示するツールです。

為替レート

FXダイレクトプラスで扱う通貨ペアの最新レートを表示するツールです。

マーケットファインダー

各経済指標を見やすくビジュアル化したツールで、為替の基礎データ、スワップポイント、債券市場、アノマリー、マーケットポジション、経済指標、決済日を表示。一覧はcsvファイルでダウンロードできます。

経済指標

米国、主要国の経済指標がチェックできるページです。

為替レポート

セントラル短資FXの人気コンテンツ「モーニングマーケットフラッシュ」のバックナンバーが読めます。

この中で、最も人気が高いのは『マーケットビュー』のコンテンツです。

FXダイレクトプラス『マーケットビュー』コメンテーター一覧

月曜日担当

野村 雅道氏(国際金融コメンテーター)

火曜日担当

和田 仁志氏(DZHフィナンシャルリサーチ常務執行役員)

水曜日担当

山中 康司氏(元日興シティ信託銀行為替資金部次長、現在はアセンダント社取締役)

木曜日担当

津田 穣氏(オーストラリア在住、Junax Capital,AT FUND,Sydneyファンドマネージャー)

金曜日担当

松崎 美子氏(ロンドン在住、元英バークレイズ銀行本店ディーリングルーム勤務、個人トレーダー)

各コメンテーターの「プロフィール」は、FXダイレクトプラスの「マーケットビュー」にて紹介があります。各コメンテーターの強みや経歴を元に、FXの最新情報を収集しましょう。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の出入金はいくらから可能?

FXダイレクトプラスの出金依頼手続きは、10,000円以上です。また初回入金金額は0円となっています。

入金手数料

FXダイレクトプラスの入金手数料ですが、クイック入金の振込手数料は無料。振込入金の場合、手数料は「お客様負担」となっています。

手数料を節約するためにも、手数料無料のクイック入金を利用しましょう。

FXダイレクトプラスの「クイック入金」に対応する金融機関は、次の通りです。

クイック入金に対応する金融機関

クイック入金に対応する金融機関|セントラル短資FX株式会社

  • 楽天銀行
  • MUFG
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

クイック入金であれば、入金からほぼリアルタイムで入金額が反映されます。また土日祝日を含む24時間対応しており、金融機関やATMの営業時間に左右されません。

出金手数料

FXダイレクトプラスの出金手数料はすべて「無料」です(※セントラル短資FX株式会社が負担)。残高に反映済みの資金は、通常翌営業日にスピード出金できます。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)でFX口座を開設する手順

FXダイレクトプラスの申し込みは、PCとスマートフォン、iPadからも申し込みできます。

FXダイレクトプラスの口座開設の流れをまとめてみました。

  1. 口座開設フォームに必要次項を入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 審査
  4. 口座開設
  5. 入金後、取引スタート

STEP①では、ガイダンスに沿って住所や氏名、年齢などの個人情報、トレードの目的などを入力します。

次にSTEP②の本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードの写しなど、顔写真付きの公的証明書を提出します。

なお、各種証明書はスマートフォンで撮影した画像や、スキャンした画像をオンラインで提出できます(メールにてアップロードのURLを通知)

STEP③では審査を実施。FXダイレクトプラスの申し込みは、PCとスマートフォン、iPadからも申し込みできます。

審査結果はメールにて通知されます。申し込み手続きは最短5分で完結、審査に問題がなければ最短翌日には「取引口座」が開設できます。

ただし、マイページのログインに必要なIDとパスワードは郵送(転送不可書留郵便)なので、通知を受けとるまで「1週間程度」の時間を見ておきましょう。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)まとめ

FXダイレクトプラスは、高い信頼性を軸に業界トップクラスの低スプレッド、高いスワップポイントでトレーダーの信頼を勝ち得ています。

また、ツールのバリエーションも豊富で、初心者から上級者まで「投資スタイル」に合わせた使い方ができます。

このほか、キャッシュバックキャンペーンの内容も充実しており、取引量に応じて最大50万円の還元が受けられるのも、FXダイレクトプラスの「大きな魅力」です。

スペック表

サービス情報
サービス名称 FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
サービス開始日 2002年3月
口座開設数 189,272口座
預り証拠金残高 61,934(百万円)
年間取引高 -
※口座開設数、預り証拠金残高、年間取引高は2020年06月09日時点の値です。
企業情報
社名 セントラル短資FX株式会社(Central Tanshi FX Co.,Ltd.)
登録免許 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長 (金商) 第278号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
資本金 1,320(百万円)
自己資本規制比率 943.4%
グループ会社 セントラル短資株式会社
日短キャピタルグループ株式会社
日短エフエックス株式会社
日短マネーマーケッツ株式会社
セントラル東短証券株式会社、他
上場 非上場
※資本金、自己資本規制比率は2020年06月09日時点の値です。
基本情報
取引形態 取引銘柄 初回最低入金額 外貨入出金
OTC取引 25通貨ペア 下限なし 対応
最低取引単位 取引手数料 両建取引 最大レバレッジ
1,000通貨 0円 可能 25倍(個人の場合)
※OTC取引(DD方式)は個人投資家とFX会社が相対する取引。取引所取引は、一般投資家とマーケットメイカー(大手外銀など)の注文が相対する取引
取引時間
24時間(日本時間の月曜日午前7時~土曜日午前6時40分まで)
※ 米国夏時間適用時の場合、終了時間は日本時間土曜日午前5時40分まで
追加証拠金
証拠金維持率が125%を割り込んだ時点で、ワーニングメールを送信
マージンコール
なし
ロスカット
証拠金維持率が100%を割り込んだことを検知した時点で、強制ロスカットが発生
取扱通貨ペア
米ドル/円
(USD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
英ポンド/円
(GBP/JPY)
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
NZドル/円
(NZD/JPY)
カナダドル/円
(CAD/JPY)
人民元/円
(CNH/JPY)
香港ドル/円
(HKD/JPY)
南アランド/円
(ZAR/JPY)
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
×
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
※全25通貨ペアを取扱いしています。
スプレッド
米ドル/円
(USD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
英ポンド/円
(GBP/JPY)
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
NZドル/円
(NZD/JPY)
0.2銭 0.2銭 0.4銭 4.0銭 0.5銭 0.9銭
カナダドル/円
(CAD/JPY)
人民元/円
(CNH/JPY)
香港ドル/円
(HKD/JPY)
南アランド/円
(ZAR/JPY)
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
4.0銭 1.8銭 - 0.9銭 1.7銭 0.3銭
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
0.3pips 0.8pips 0.7pips 1.8pips 1.8pips 4.0pips
※スプレッドは原則固定(例外あり)です。2020年06月09日時点の値です。
スワップポイント
米ドル/円
(USD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
英ポンド/円
(GBP/JPY)
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
NZドル/円
(NZD/JPY)
2 -30 1 -10 -2 -2
カナダドル/円
(CAD/JPY)
人民元/円
(CNH/JPY)
香港ドル/円
(HKD/JPY)
南アランド/円
(ZAR/JPY)
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
-10 -10 - 1 - 8
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
- -35 -11 - -8 5
※1万通貨の買いポジションを保有した場合の1日当たりの概算金額です。2020年06月09日時点の値です。
注文機能
成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO トレール
スマートフォン・モバイル対応
iPad iPhone Android フィーチャーフォン

初心者でも迷わずFXを始められる!