FXの口座開設で勤務先情報を書いても大丈夫?確認の電話は来ない?

FXの始め方 2019/7/4 1537view
FXの口座開設で勤務先情報を書いても大丈夫?確認の電話は来ない?

FXの口座開設時に勤務先の電話番号を書いても、基本的に電話は掛かってこない。電話が掛かってくるのは、緊急事態が起こった場合や申し込み内容に不備があった時だけ、審査の在籍確認も無い。また万が一電話が掛かってきたとしても、携帯電話か自宅に電話を掛けるので職場に電話は掛かってこない。

FX業者や証券会社に「勤務先を知られるのは嫌だ」という方は一定数います。「勤め先に電話が掛かってきたら困る…」という理由だそうですが、実際に(FX業者や証券会社から)電話が掛かってくるのでしょうか?

掛かってきたとしたら、職場の同僚や上司に「FXをしているのか?」と質問されるのは面倒ですよね。そこで本記事では、FXの口座開設時「電話番号を書いても」大丈夫なのかどうか詳しく説明します。

口座開設時にFX業者が「勤務先の電話番号」を聞くのはナゼ?

FXの口座開設時に「電話番号」を記入するのは、緊急連絡がある場合に備え「連絡先」を聞いておくためです。このため、クレジットカードやカードローンの審査とは違い「勤め先の電話番号を書いた」からといって、FX業者や証券会社から電話を掛けることはありません。

クレジットカードやローン会社が電話を掛けるのは「融資を行う」ためであり、申込者に収入があるかどうか(=実際には、きちんと職場に勤務しているか確認)調査するためです。一方のFX(外国為替証拠金取引)では、一定の資金を預け入れてから取引を行うため、クレジットカードやローン審査のような「電話による在籍確認」は実施されません。また、信用情報機関に問い合わせることも一切ありません。

クレジットカードやローンの審査と混同する方も多いのですが、FXの口座開設と、金融会社の審査は「仕組み」が全く異なります。このため、クレジットカードやカードローン審査が通らない場合でも、FXの口座開設ができる可能性は大いにあります(もちろん、自己資金や余裕金があるのが前提ですが)。

審査を受ける前から「私は受からない」などと決めつけずに、まずは「どのような審査が行われるのか」確認し、FX口座の開設を申し込んでみましょう。FX口座開設審査の書き方や申請時の注意事項は、以下の記事で詳しく解説しています。

また、FX口座開設審査で必要な書類は以下の記事を参照してください。

このほか、口座開設審査に落ちてしまった方については「どうして受からなかったのか」考えられる理由を以下の記事にて、詳しく解説しています。FXの審査対策として、ぜひ参考にしてみてください。

例外として「FX業者から電話」が掛かってくるのはこんな時

ここまで説明した通り、FX口座開設で電話が掛かってくることはありません。ただし…例外として「電話が掛かってくる」ケースも稀にあります。

例えば、口座に何か問題やトラブルが起こった場合や、FX業者が「業務上、どうしても緊急に伝えたいことがある」場合には、顧客に対して電話連絡を行います。

より具体的な例(電話が掛かってくるケース)を4つ紹介しましょう。

ケース1:資産が大きくマイナスに傾き、追証(おいしょう)が必要な時

口座開設者の資産が大きくマイナスに傾き、追証(おいしょう)が必要にも関わらず、長期間連絡が取れないような場合は、緊急連絡先である職場や自宅に電話が掛かることがあります。

ケース2:居住先や、居住国が「不明」な場合

居住先や居住国のが不明な場合や(例:申し込みフォームに記入されていなかった)、申込者の申請情報に誤りがあった場合には、FX業者や証券会社から電話が掛かって来ます。

なぜなら、居住先が国内で申請されていない場合や居住国が不明な場合「FXで得た資金が海外に不正送金されていないか」が疑われるため、国からの調査が厳しくなるからです。

みなさんもFX口座を開設する時には、必ず居住国(日本)を正しく記入/登録を行ってください。

ケース3:本人確認書類の内容と、申請情報が一致しない場合

申し込み段階での話になりますが「本人確認書類」での内容と、申し込み情報が一致しない場合(例:身分証明書と現住所が一致しない、生年月日に誤りがある等)には、申込者の携帯電話や自宅の電話に連絡が入る可能性が高くなります。

このため、口座開設の際には「登録情報に誤りがないか」何度も内容を確認した上で「申し込み手続き」を行ってください。

ケース4:老舗の証券会社は、電話を掛かってくることも

非常に「稀なケース」ですが、老舗の証券会社は「口座開設の確認」を行うため電話連絡をすることがあります。

最近では、ほとんどのFX業者や証券会社が「メール連絡」で通知を行いますが、老舗の場合「電話の方が信頼できる」という理由もあるのでしょうか(?)申請時、登録をした携帯番号や自宅の電話に連絡を取ることが稀にあります。

みなさんが「電話を掛けて欲しく無い」と思われるのならば、老舗の業者を避け、ネット系のFX業者や業界への参入が比較的新しい証券会社を狙って(口座開設を)申し込んでみてください。

基本的に電話連絡をしてこないオススメのFX業者

勤務先への電話が不安な時には携帯や自宅の電話に必ず出ること

携帯電話で通話する仕事中の女性

FX業者や証券会社は、勤務先に電話を掛けると「嫌がられる」ことを重々承知しています。このため、電話連絡が必要な時にはまず、登録者の携帯電話に連絡を取り、どうしても必要な場合には「自宅の固定電話」に連絡を取るようにしています。

それでもダメだった場合(最終手段として)職場に電話を掛けるかもしれませんが、可能性としては「最も低い」ため不安に思う必要はありません。

もし「勤め先への電話が不安」という場合には、携帯電話か自宅の電話に必ず出る様にすればOKです。また追証などが起こる前の段階で、証拠金維持率を上げておくか、必要証拠金を多目に預けておけば安心です。

FX業者や証券会社は、本人と連絡さえ取れれば(改めて)連絡を取るようなことは行いません。このため、FX口座の開設時に「勤め先の名前や電話番号」を書いても職場に電話が掛かってくること無いので安心しましょう。

FX口座の開設で、最も重要なことは「正しい情報を申請する」ということです。このため住所や氏名、生年月日、勤務先、勤務先の電話番号は正しく申告しましょう。

またFX審査では「職種や勤続年数など」は特に重要視されません。審査で重視されるのは、年収と資産が「投資金額よりも多いかどうか」です。このため、投資額を「年収の半分以下」で申告すれば、誰でもカンタンにFX口座が開設できます。

まとめ|FXの口座開設、職場に電話は掛かってこない

今回説明したとおり、FXの口座開設で勤務先情報を書いても、「職場に電話」は掛かって来ません。最後に、本記事の内容をまとめておきます。

口座開設申込時に勤務先情報を書いても問題ない
☑ FXの口座開設で、職場の電話番号を書いても大丈夫!
☑ FXの審査で、在籍確認(電話)は実施されない
☑ 通常「FX業者が電話を掛ける」のは、緊急事態が起こったとき
☑ 電話が必要な場合も、基本は(申込者の)携帯電話か自宅だけ
☑ 老舗の証券会社は電話連絡を好む。電話が不安な場合は、ネット系のFX業者や、業界への参入が新しい証券会社を選択すればOK

いかがでしたか? 電話番号を書いても、基本的に「電話が掛かってこない」と知って安心しましたね。これなら電話が苦手な方や「職場の同僚にFXのことを知られたくない」という方でも不安無く手続きできます。

みなさんも、申し込みフォームを記入する際には堂々と「勤務先の電話番号」を登録しておいてください。


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング