MT4取引に対応している国内おすすめFX業者比較

FX会社比較・ランキング 2019/4/19 26view
MT4取引に対応している国内おすすめFX業者比較

FXのMT4(メタトレーダー4)は世界で最もメジャーなFX取引ツール。国内では全8社がMT4に対応(2019年4月時点)、MT4(メタトレーダー4)があれば複数のテクニカル指標が同時に表示でき、世界中のテクニカル分析、自動トレードが使用可能。独自のテクニカル指標や、EAで自動売買のロジックが作成可能できるなど、FX初心者からプロまで満足の高機能ツール!

FXのMT4は、正式名を”MetaTrader4”と言います。MT4は非常に高性能なFXツールで、MT4を使えば、誰でもプロのような「高次元テクニカル分析」が使えます。

本記事ではMT4の詳細と、MT4に対応しているオススメFX業者を5社紹介しましょう。

FXのMT4取引とは(ツールの機能と仕組み)

MT4こと「メタトレーダー4」は、世界で最もメジャーなFX取引ツールです。ロシアのMetaQuotes社が開発を手掛けており、操作性の高さによってFX初心者からプロまで、世界中のトレーダーが愛用しています。

MT4で出来ること&搭載されている機能

MT4があれば、複数のテクニカル指標を同時に表示させたり、世界中のトレーダーや開発者が作成したテクニカル分析、自動トレードの仕組みをインストールし使用できます。

OANDA Technical Analysis画像出典元:OANDA JAPAN

また、MT4に搭載されているMeta Editor(メタ・エディター)を使用すれば、独自のテクニカル指標が使えます。このほかExpert Advisor(エキスパートアドバイザー、通称EA)を使うことで「自動売買ロジック」も作成可能です。

MT4で出来ること(機能)をまとめてみました。

MT4(メタトレーダー4)で出来ること

  • 複数のテクニカル指標が同時に表示できる
  • 世界中のテクニカル分析、自動トレードが使用できる
  • 独自のテクニカル指標が作れる
  • EAで自動売買のロジックが作成可能

またMT4は管理能力にも優れています。1つのMT4があれば、複数のFX会社の口座(※MT4対応業者のみ)に同時ログインできるので、MT4一つで複数の口座が一括管理できます。

MT4取引に対応している国内FX業者

FXの「MT4取引」に対応しているFX業者(国内のみ)をまとめてみました。

  • FXTF(FXトレード・ファイナンシャル)
  • OANDA JAPAN(オアンダジャパン)
  • YJFX!(ワイジェイFX)
  • JFX(JFX株式会社)
  • 外為ファイネスト
  • EZインベスト証券(EZMT4FX)
  • FOREX EXCHANGE(フォレックスエクスチェンジ)
  • 楽天証券

2019年4月19日現在、MT4に対応する業者は「計8社」と少ないのですが、今後FXサービスの競争が激化するなか、MT4を新規導入するFX業者も増えていくことでしょう。

MT4取引対応のオススメFX業者3選!

ここからは、MT4取引に対応しているおすすめFX業者(国内)3社を徹底比較していきます。

各FX業者の特徴(サービス内容、メリット・デメリット)を順に比較して見て行きましょう。

FXトレードファイナンシャル(FXTF MT4)

以下、FXトレードファイナンシャル(FXTF MT4)の概要をまとめてみました。

FXトレードファイナンシャル(FXTF MT4)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★★
(利用者の満足度大)
利用可能な取引ツール FXTF MT4(PC版/Mac対応ブラウザ版)、スマホ版(iPhoneアプリ/Androidアプリ/iPadアプリ)
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 29通貨ペア
スプレッド 米ドル/円=0.3銭 原則固定(例外あり)
入出金手数料 クイック入金は手数料無料(5,000円から)
メリット MT4以外にも、ツールのバリエーションが多い
デメリット ツールの機能が多く、操作に慣れるには練習が必要

FXトレードファイナンシャル(FXTF MT4)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

OANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)

ベーシックコース(basic) OANDA Japan(オアンダジャパン)株式会社OANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)は、MT4が使えるのはもちろんのこと、高機能取引ツール「fxTrade」は約定力の高さで高い評価を得ています。

またOANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)が扱う通貨ペアの数は「全71通貨」と業界トップクラスの種類を誇ります。

このほか、OANDA JAPANでは「無料FXセミナー」を実施(会場型セミナー/オンラインセミナーの二種類)し、FX初心者からプロのトレーダーまで満足できる情報を提供しています。

以下、OANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)の概要をまとめてみました。

OANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★★
(総合評価が高い)
利用可能な取引ツール MT4、Autochartist(PC版)、スマートフォンアプリ(Android/iPhone)
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 71通貨
スプレッド 米ドル/円=0.4銭(原則固定)
入出金手数料 ダイレクト入金無料
メリット 約定力が高く、取引ツールのバリエーションも豊富。71通貨の売買が可能、無料セミナーも多数開催
デメリット アプリの約定力は高いが、ブラウザ版のレスポンスが安定しない時がある。

OANDA JAPAN(OANDA fxTradeベーシックコース)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

YJFX!(ワイジェイFX)

FXならヤフーグループのYJFX YJFX!(ワイジェイFX)ではMT4をはじめ、基本のトレードアプリ外貨ex(Android/iPhone)や、バイナリーオプション専用のオプトレ(Android/iPhone)、スキャルピング取引に強いC-NEX(Android/iPhone)など、豊富な取引ツールが無料で利用できます。

また、業界最狭水準のスプレッドを採用しており、低コストかつ、スキャルピング取引にも強いFX業者です。

このほか、YJFX!(ワイジェイFX)はスワップポイントの金利も良く、超短期(スキャルピング)から長期(スイングトレード、ポジショントレード)まで、各トレーダーのスタイルに合わせた自由なトレードが楽しめます。

以下、YJFX!(ワイジェイFX)の概要をまとめてみました。

YJFX!(ワイジェイFX)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★☆
(初級〜上級者まで満足)
利用可能な取引ツール MT4、ブラウザ版、トレードアプリ外貨ex(Android/iPhone)、オプトレ(Android/iPhone)、C-NEX(Android/iPhone)
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 22通貨
スプレッド 米ドル/円=0.3銭 原則固定(例外あり)
入出金手数料 クイック入金無料!
メリット 業界最狭水準のスプレッドを採用!スワップポイントの水準も高く、初心者〜上級者まで快適にトレードできる!
デメリット ツールの種類が多いので迷う。トルコリラ/円ペアの扱いが無い。

YJFX!(ワイジェイFX)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

MT4使用時の注意点

MT4を使用する際には、みなさんがお使いのPC、スマートフォン、タブレット端末に対応しているのか「動作環境」を確認した上で使用してください。

またMT4ではEA(自動売買)を使われる方も多いでしょう。FX初心者の方は自動売買だけでなく、裁量トレードにも対応できるよう、FXの基礎はきちんとマスターしておいてください。

もちろんMT4が使いこなせれば、MT4単独でトレードしても構いません。しかし、両方が使えるようになれば、どのような状況にも冷静かつ、迅速に対応できるので心強いです。

まとめ|MT4はFX初心者からプロまで、幅広い層に人気のFX取引ツール!

最後にMT4の機能やおすすめポイントと、MT4取引に対応している『国内おすすめFX業者』について、本記事の内容をまとめておきます。

  • MT4(メタトレーダー4)は、国内・海外で最もメジャーなFX取引ツール
  • 複数のテクニカル指標が同時に表示できる
  • 世界中のテクニカル分析、自動トレードが使用できる
  • EAで自動売買のロジックが作成OK!(購入したものも使用可能)
  • テクニカル指標もオリジナルで作成可能
  • MT4に対応する国内FX業者は全8社(2019年4月現在)

MT4を使ったトレードに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング