FXアプリでスマホトレードに適したおすすめFX業者を徹底比較

FX会社比較・ランキング 2019/7/4 53view
FXアプリでスマホトレードに適したおすすめFX業者を徹底比較

FXアプリは無料でダウンロードでき、FXに必要な機能をすべて搭載している。FXアプリを使えばPCを開かずともスマホ一台でFX取引が行える上、出先でもトレードが行えるので便利。最新のFXのスマートフォン専用アプリはiPhone/Androidのほか、iPadやApple Watchにも対応しており、高機能チャート分析、テクニカル指標、スピード注文、経済指標カレンダー、マーケット情報を表示、入出金もその場で完結するので便利。

FXはパソコンだけで無く、スマートフォンからも簡単に取引できます。また、各FX業者はスマホアプリをリリースしているため、私たちユーザーは無料でFXアプリが使用できます。

本記事では「FXアプリ」の使いやすさや、機能面でおすすめのFX業者5社を徹底比較したいと思います。

FXアプリはトレードに必要な機能をすべて搭載!

FXアプリは、トレードに必要な機能をすべて搭載しています。PC版よりもコンパクトにまとまっている上に、テクニカル指標、分析ツール、口座への入出金機能、マーケット情報が利用できるため、FX初心者はもとよりプロトレーダーの間でも人気が高いです。

例えばSBI FXトレードの場合、リッチクライアント(WEB版ソフト)、ブラウザ取引サービスのほか、シンプルな直感性を採用したスマホアプリ(iPhone/Android)をはじめ、多機能チャートと2WAY注文を採用したアプリの計4種類が利用できます。

画像出典元:SBI FXトレード

自宅では画面の大きなPC版、ブラウザ版を使用し、出先ではスマホアプリでトレードをするなど「ツールの使い分け」をするのも良いでしょう。

またスマホ版アプリは、機能がよりコンパクトにまとまっているので、FX初心者にも分かりやすく、誰でも簡単にFXトレードが始められます。

FXアプリのスマホ取引で使える機能

FXアプリで使える機能は、各業者ごとに(微妙な差ですが)異なります。ただし、スピード注文やテクニカル指標、マーケット情報など共通する機能も多いです。ここでは、各FXアプリに共通して「搭載されている機能」をまとめてみました。

各社FXアプリに共通し搭載されている機能(一覧)

トレード機能

成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFO、トレール注文など

スピード注文

ワンタッチ注文、スピード注文機能など

各通貨のレート

各通貨の最新レートを表示

各通貨ペアのチャート

各通貨ペアのチャートを表示

テクニカル指標

人気のテクニカル指標を搭載(トレンド系/オシレータ系/総合系)

経済指標とマーケット情報

経済指標カレンダー、最新のマーケット情報を表示

レートアラート通知

指定した通貨が一定のレートに達するとアラートで通知する

売買実績

過去の売買実績を記録・表示

年間・月間損益

年間または月間損益を記録・表示

取引報告書

これまでの取引を記録・表示

入出金履歴

入出金の履歴を表示(入出金予定分も含む)

注文履歴

過去の注文履歴を表示

入出金機能

登録をした銀行口座への出金、FX口座へのスピード入金機能

FX会社ごとにスマホアプリの対応状況は違う

FX会社の大半がスマホアプリをリリースしていますが、一部は「PC版のみ」対応している取引ツールを公開しています。

利用するFX業者や証券会社にスマホアプリが無い(対応していない)場合は、ブラウザを開きFX取引を行ってください。ブラウザ版であれば、iPhone/Androidの区別も無く、WindowsやMacでも簡単にFXトレードが始められます。

またブラウザ版であれば、端末の容量を気にせず(ダウンロード不要)で使えるのもうれしいポイントです。なお、FXアプリによる「スマホ取引」の始め方については、以下の記事が参考になります。

スマホ端末別のFXアプリダウンロード方法

FXアプリのダウンロード方法を「iPhone」と「Android」の端末別に説明します。

FXアプリのダウンロード方法(iPhoneの場合)

iPhone対応のFXアプリは、各FX業者の公式サイト「ダウンロード」ページ、または、Appleの公式サイト「AppStore」からダウンロードできます。なおiPhone対応のアプリとダウンロード方法は、以下の記事を参考にしてください。

FXアプリのダウンロード方法(Androidの場合)

Android対応の「FXアプリ」は、Google Playのサイトまたは、各FX業者のアプリダウンロードページから取得できます。Android版FXアプリの使い方については、以下の記事が参考になります。

FXアプリで人気のFX業者比較5選!

ここからは、FX業者5社を「アプリの使いやすさや機能面」で徹底比較していきます。

各社がどのようなアプリをリリースしているのかと併せて、各業者の特徴(サービス内容、メリット・デメリット)も併せて見て行きましょう。

FXネオ(GMOクリック証券)

FXネオ(GMOクリック証券)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★★
(アプリの種類が豊富!)
FXアプリの種類 GMO-FX DASH(iPhone/Android)、AndroidWear専用アプリ、モバイル(フィーチャーフォン向け)アプリ
テクニカル分析機能 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、スーパーボリンジャー、スパンモデル、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI
スピード注文機能の有無 スピード注文チャート機能を搭載
デモトレードの有無
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 19通貨ペア
スプレッド 米ドル/円=0.3銭(原則固定)
入出金手数料 即時入金/出金手数料ともに無料
メリット アプリの種類が豊富で、自分の端末に合わせてツールが使い分けできる。
デメリット テクニカル指標、アプリの数が多く、どれを使うべきか迷ってしまう。

FXネオ(GMOクリック証券)でも、米ドル/円のスプレッドが0.3銭原則固定と業界トップクラスのスプレッド幅を採用。短期〜長期売買に対応しており、低コストでトレードが行えます。

FXネオ(GMOクリック証券)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)

以下、外貨ネクストネオの概要をまとめておきます。

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★☆
(短期トレードにもおすすめ)
FXアプリの種類 外貨NEXTneo(iPhone/Android)、iPad版
※Apple Watchにも対応
テクニカル分析機能 単純移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、スパンモデル、スーパーボリンジャー、MACD、スローストキャスティクス、DMI、RSI、ストキャスティクス、RCI、サイコロジカルライン、乖離率
スピード注文機能の有無 スピード注文に対応
デモトレードの有無
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 20通貨
スプレッド 米ドル/円=0.3銭(原則固定)
入出金手数料 クイック入金は手数料無料
メリット 多機能、約定力も高く短期売買にも向いている
デメリット 機能が多く、慣れるまでに時間が掛かるかも

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

外貨ex(YJFX!)

以下、外貨ex(YJFX!)の概要をまとめておきます。

外貨ex(YJFX!)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★☆
(端末毎にアプリが選択できる)
FXアプリの種類 iPhone Cymo、Android Cymo、iPadCymo、タブレット Cymo
テクニカル分析機能 単純移動平均(SMA)、ボリンジャーバンド、指数平滑移動平均(EMA)、一目均衡表など
スピード注文機能の有無 スピード注文に対応
(チャート機能付きワンタッチ注文機能搭載)
デモトレードの有無
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 22通貨
スプレッド 米ドル/円=0.3銭(原則固定)
入出金手数料 クイック入金無料!
メリット 端末毎にアプリが選べる、フィーチャーフォンでも操作可能
デメリット テクニカル指標の数が少ない

外貨ex(YJFX!)もスプレッドが狭く「低コスト」で売買できるのですが、アプリに搭載された「テクニカル指標の数」はやや少なめです。

外貨ex(YJFX!)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

DMM FX(DMM.com証券)

以下、DMMFXの概要をまとめてみました。

DMM FX(DMM.com証券)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★★
(アプリの人気No.1!)
FXアプリの種類 スマートフォンアプリDMMFX(iPhone/Android)、DMMFX for smart phone(スマートフォ専用ブラウザツール)
テクニカル分析機能 移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、スーパーボリンジャー、スパンモデル、MACD、RSI、DMI/ADX、スローストキャスティクス、RCI
スピード注文機能の有無 チャート上で注文可能
デモトレードの有無
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド 米ドル/円=0.3銭(原則固定)
入出金手数料 クイック入金は入出金手数料無料
メリット 高性能ながらシンプルで使いやすい。画面上のテーマカラーが変更できる環境に加え、必要な機能がひとつに集約されている。
デメリット 使える機能が絞られている。(※初心者にはメリットが大きい)

DMM FXは、ツールの使いやすさだけでなく、スプレッド幅や取引コストの安さでも人気があります。DMM FX(DMM.com証券)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

SBI FXトレード(SBIグループ)

以下、SBI FXトレードの概要をまとめておきます。

SBI FXトレード(SBIグループ)の概要

当サイトのオススメ度 ★★★★☆
(テクニカル指標の数が多い!)
FXアプリの種類 スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、新スマートフォンアプリ(iPhone/Android/Apple Watch対応)
テクニカル分析機能 SMA(単純移動平均)、EMA(指数平滑移動平均)、WMA(加重移動平均線)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、エンベローブ、ボラティリティ、パラボリック、フィボナッチ、DMI(ディレクショナル・ムーブメント指数)、MAER(移動平均かい離率)、MACD(エクスポーネンシャル)、サイコロジカルライン、RSI、RCI、ストキャスティクス、ストキャスティクスロー、強弱レシオ、モメンタム、ROC、オシレーター、CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)
スピード注文機能の有無 スピード注文に対応
(ワンタップ注文機能を搭載)
デモトレードの有無 なし
取引手数料 無料(1万通貨/片道)
通貨ペア数 26通貨
スプレッド 米ドル/円=0.27銭(原則固定)
入出金手数料 無料
メリット テクニカル指標が豊富、初心者でも直観的に操作ができる。
デメリット デモトレードが利用できない。

SBI FXトレードアプリ最大の売りは、テクニカル指標の数が多いことです。トレンド系とオシレータ系はもちろんのこと、話題の指標を網羅しているので、初心者から上級者まで、幅広いトレーダーにオススメできます。

SBI FXトレード(SBIグループ)の口座開設方法、サービスの詳細は、以下のページを参照してください。

FXアプリのテクニカル指標、トレンド系とオシレータ系の違い

FXアプリに搭載されている「テクニカル指標」は、トレンド系とオシレータ系の二種類に分類されます。参考までに、各テクニカル指標の特徴と種類をまとめておきます。

各テクニカル指標の特徴と種類

区分 特徴 種類
トレンド系 現在トレンドが発生しているのか、トレンドの流れを分析するための指標 移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラポリック、ポイント・アンド・フィギア、ペンタゴンチャートなど
オシレータ系 価格の絶対水準と関係無く、現在の相場が買われすぎなのか・売られすぎなのかを分析するための指標 RSI、ストキャスティクス、DMI、MACD、CCIなど

トレンド系のテクニカル指標

特徴

現在トレンドが発生しているのか、トレンドの流れを分析するための指標

種類

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラポリック
  • ポイント・アンド・フィギア
  • ペンタゴンチャート

など

オシレータ系のテクニカル指標

特徴

価格の絶対水準と関係無く、現在の相場が買われすぎなのか・売られすぎなのかを分析するための指標

種類

  • RSI
  • ストキャスティクス
  • DMI
  • MACD
  • CCI

など

このほかにも、時間の概念を無視した新値足、ポイントアンドフィギュアや、「総合系」として、ヒストリカル、ボラティリティ、ボラティリティシステムなどの指標もよく使われています。

なお、テクニカル指標の見方については、以下の記事が参考になります。アプリをダウンロードした後、ぜひチェックしてみてください。

FX会社のスマホアプリを使用する前の注意点

AndroidスマホでFXトレード

FXのスマホアプリをダウンロードする前に、お使いの端末(iPhone/Android/iPad/Apple Watch)に対応しているのか、OSのバージョンなども併せて確認しましょう。

また、必要があればOSのアップデートをするほか、端末に対応するアプリに変更した上でダウンロードを行ってください。非対応の端末にインストールしても、ツールが使えない、画面が正しく表示されないなどのトラブルが起こってしまいます。

各アプリには「インストール条件」や推奨環境など、対応するOSの状況が細かく記載されています。推奨環境外機器に該当していないかどうか(アプリのバージョンも含めて)必ずチェックしておいてください。

まとめ|スマホでトレードをするならアプリ選びは慎重に

最後に「FX会社のスマホアプリ」について、本記事の内容をまとめておきます。

FX会社が提供する人気スマホアプリの特徴まとめ

  • FX会社のスマホアプリはiPhoneとAndroidに対応している
  • FX会社のスマホアプリは、無料でダウンロードできる
  • アプリに搭載されている機能は各社ごとに異なる
  • 共通機能にはスピード注文、経済指標、テクニカル指標等がある
  • 一部スマホアプリには、デモトレードツールも搭載されている
  • アプリが無くても、スマホから「ブラウザ取引」ができる

このようにFXアプリには、PC版顔負けの機能が多数搭載されています。便利なスマホアプリを使えば、FX初心者の方でも、安心してトレードが進められますね!


FX初心者ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
FXランキング
FXランキング
FC2 ブログランキング
FC2 ブログランキング